関西支部規則

関西支部会則
関西支部総会規則
関西支部研究会運営規則
 


 

 

 

 

プロジェクトマネジメント学会関西支部規則


種類: 会則

議決: 関西支部役員会

制定期日: 平成23年4月1日

改定日: 平成29年4月15日

 

プロジェクトマネジメント学会関西支部

会則 (運営マニュアル)

 

第1章 総則

(名称)

第1条       この支部は、プロジェクトマネジメント学会関西支部と称する。

            2    この支部の英語名は、Kansai Branch of The Society of Project Managementと称する。

 

第2章 会員

(会員構成)

第2条       この支部は、プロジェクトマネジメント学会に属する正会員、学生会員、及び、法人会員の内、関西地域(大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県)に在住する個人会員、及び、同地域を拠点とする法人会員を以て構成する。

(支部会員資格)

第3条       プロジェクトマネジメント学会を退会することにより、関西支部会員の資格を失う。

            2    関西地域から他の地域へ移動した場合、関西支部会員の資格を失う。

(会費)

第4条       プロジェクトマネジメント学会の定める規則に従うものとする。

 

第3章 目的、及び、事業

(目的)

第5条       この支部は、定款第3条の目的の達成を含み、関西地域における会員の利益、学術・産業の振興に貢献することを目的とする。

(事業)

第6条       この支部は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

          (1)    支部総会の実施

          (2)    支部大会の実施

          (3)    支部研究会の開催

          (4)    その他前条の目的を達成するために必要な事業

 

第4章 役員

(支部役員)

第7条       支部には以下の役員を置く。

支部長              1名

副支部長           若干名

支部幹事           若干名

(支部役員会)

第8条       支部役員会は支部の役員で構成する。支部運営に関する計画、実行に関する状況把握と承認を役員会で行う。役員会は原則として年4回開催する。

(支部役員の選任)

第9条     支部役員は、支部に属する正会員の中から支部役員会で候補者を選出し、支部総会で承認の可否を行う。

            2    支部長候補者の選出は、支部役員会の総意によるものとする。

            3    副支部長候補者の選出は、支部長に一任する。

            4    支部長は、選出された副支部長候補者を速やかに理事会に報告しなければならない。

            5    副支部長候補者の理事会への報告は、当該年度の1月31日を期限とする。

(支部役員の任期)

第10条     支部役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

            2    支部役員に欠員を生じたときは、これを充足することができる。後任は、支部役員会で選任する。

            3    補欠により選任された支部役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(支部長の職務)

第11条     支部長は、支部の業務を総理し、この支部を代表する。

(副支部長の職務)

第12条     副支部長は、支部長を補佐し、支部長に事故あるとき、または欠けたときは、支部長があらかじめ指名した順位によりその職務を代理する。

            2    副支部長は支部で行うすべての事業の各分野の職務を統括する。

(支部幹事の職務)

第13条     支部幹事は、支部長、及び、副支部長を補佐し、企画、総務、会計、支部で行うすべての事業の各分野の職務を担当する。

 

第5章 交付金、及び、会計

(交付金)

第14条     交付金は、細則に定められた上限の範囲内で、活動計画書を添えて理事会に申請し、その承認を得なければならない。

            2    理事会の承認を得た交付金申請は、総会の議決を経て確定する。

            3    交付金申請の理事会への提出は、当該年度の1月31日を提出期限とする。

(活動計画、及び、収支予算)

第15条     この支部の活動計画、及び、これに伴う収支予算は、支部長が編成し、支部役員会、及び、支部総会の議決を経て、理事会に諮り、その承認を得なければならない。

            2    理事会の承認を得た活動計画、及び、収支予算は、総会の議決を経て確定する。

            3    活動計画、及び、収支予算の理事会への提出は、当該年度の1月31日を提出期限とする。

(収支決算)

第16条     この支部の収支決算は、支部長が作成し、理事会に報告しなければならない。

            2    収支決算の理事会への提出は、当該年度の次年度1月31日を提出期限とする。

 

 

附則

この会則は、平成23年4月1日から施行する。

平成29年4月15日の総会の議決により改定する。

 

 


種類: 規則

議決: 関西支部運営委員会

制定: 平成23年4月1日

改正: 平成23年12月20日

 

プロジェクトマネジメント学会関西支部

総会規則 (運営マニュアル)

 

(支部総会の召集)

第1条       支部総会は、支部長が召集する。

            2    支部総会を招集するには、少なくとも14日以前に会議の目的である事項、日時、及び、場所を記載した書面または電子メールをもって会員に通知しなければならない。

(支部総会の議長)

第2条       支部総会の議長は支部長とする。

            2    議長不在時は、副支部長が議長代行として、その任にあたる。

(支部総会の議決事項)

第3条       支部総会は、次の事項について議決する。

          (1)    支部役員候補者についての事項

          (2)    支部事業計画、及び、支部収支予算についての事項

          (3)    支部事業報告についての事項

          (4)    その他支部運営に関する重要な事項

(支部総会の議決方法)

第4条       支部総会は、関西支部に属する正会員(学生会員を含む)の過半数が出席しなければ、その議事を開き、議決することができない。ただし、該当事項について、あらかじめ書面または電子メールをもって意思を表示した者または表決の委任者は出席者とみなす。

            2    支部総会の議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(議事録)

第5条       支部総会の議事については、議事録を作成し保存する。

 

 

附則

本改正は、平成23年12月20日から実施する。

 


種類: 規則

議決: 関西支部運営委員会

制定期日: 平成23年4月1日

 

プロジェクトマネジメント学会関西支部

研究会運営規則

 

1. 研究会目的

関西支部として会員のPM研究活動を支援する目的で、企業・業種の壁を越えた会員相互の研究の場とする。

 

2. 研究会の種類

関西支部として、支部研究会と自主研究会の二つの形態の研究会を設ける。

 

3. 支部研究会

・関西支部会員を中心とした、PM学会会員が参加できる。

・研究テーマを会員から募集し、応募のあった研究テーマを支部運営委員会にて選定・承認する。

研究テーマの提案者を研究会責任者とする。

・承認された研究会テーマについてPM学会会員へのメンバー募集は支部幹事を通して行う。

但し、会員間での自主的な勧誘は可とする。

・研究会責任者が、運営方針など研究会内で決定し、支部運営委員会に報告する。

・研究会責任者は、関西支部のシンポジウムで年間の活動報告・成果発表を行う。研究会の希望により支部イベントでの研究発表の場を提供する。

・研究会メンバーへの途中からの参加や退会は、研究会責任者の判断とする。

・研究会の活動期間は特に定めないが、最低1年以上とする。また、年度末(12月31日)に収支報告を支部幹事に提出する。

・支部幹事を通して、会員にテーマと責任者の公募を行い、一定期間後締め切る。その後、支部運営委員会により2つまでの研究会を選出する。選出された研究会のメンバー募集は、支部幹事を通して行う。

・会員の研究会活動の支援をするため、関西支部より年度予算をつける。

・支部研究会の追加は、毎年予算時期の1月に支部幹事により追加公募を行うかどうか決定する。

 

4. 自主研究会

・支部会員(法人会員の社員も含む)により構成され、自主的な研究活動の場とする。

・研究テーマ、運営方法については特に定めない。

・責任者を決め、責任者が自主研究会の運営を行う。

・自主研究会責任者は、支部運営委員会へ研究会として申請を行い、承認されたら自主研究会として登録される。

・登録が認められた場合、希望があれば関西支部会員へのメンバー募集は事務局を通して行うことが出来る。また自主的な勧誘は自由とする。

・自主研究会責任者は、年間の活動報告を書面にて行う。

但し、研究会からの要望があり、支部運営委員会に承認された場合、支部イベントでの発表の場を提供する。

・自主研究会から支部研究会への変更は、支部運営委員会の承認により可とする。

 

 

支部運営委員会の扱い

支部からの活動費

成果報告

参加資格

支部研究会

承認する

支部予算より付与

活動報告と支部イベントで発表

個人会員

自主研究会

登録する

無し

活動報告の提出

個人会員、及び、法人会員の社員

 

5. 附則

この規則は、平成23年4月1日から施行する。