平成29年度春季シンポジウム(開催済)

平成29年4月15日(土)、マイドームおおさかにおいて「関西支部平成29年度春季シンポジウム ~オープンイノベーション時代のプロジェクトマネジメント~」を開催し,79名の参加者がありました。北 寿郎 (同志社大学)新支部長の開会挨拶の後、2件の講演をいただきました。

 

特別講演2「産学連携によるオープン・イノベーションに向けて」の講演資料を希望される方(出席者のみ)は事務局までメールにてお申し込みください。
spm-kansai@spm-hq.jp

 

 

 

平成29年度春季シンポジウム

~ オープンイノベーション時代のプロジェクトマネジメント ~

 

 【イベント内容】

開催日 2017年4月15日(土)
開催場所 マイドームおおさか 8階 第1・2会議室
(〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番5号 マイドームおおさか)


受付開始 13:00


シンポジウムに先立ち支部総会を行います。
支部総会 13:30~13:50


第1部 シンポジウム 14:00 ~ 17:00

特別講演1  
「大阪ガスにおけるオープン・イノベーション活動」
 大阪ガス株式会社 技術戦略部 オープン・イノベーション室長 樋口 裕思 氏
 顧客ニーズの高度化や多様化、企業間との競争激化、研究開発期間の短縮要求、投入資源の限定という環境の中、社内外のリソースを柔軟に絡めることで、新しい商品やサービスを作り出すオープン・イノベーション活動が注目を浴びています。
 大阪ガスは、関西のエネルギー供給の一旦を担う大手ガス事業者として、オープン・イノベーション活動に早期から取り組みその実績を上げてきています。ここでは、大阪ガスの研究開発とオープン・イノベーション活動について紹介します。

 

 

 

 

 

特別講演2
「産学連携によるオープン・イノベーションに向けて ~ITRON,TOPPERS,NCES,APTJ~」
 名古屋大学 未来社会創造機構 教授/APTJ株式会社 代表取締役会長・CTO 高田 広章 氏
 組込みシステムのソフトウェアプラットフォームの分野において、大学が中心になり、複数の企業の連携により研究開発を進める活動を長年に渡って実施してきた。この講演では、講演者のこれまでの取り組みとしてITRON仕様の標準化、TOPPERSプロジェクト、名古屋大学 組込みシステム研究センター、APTJの活動について、活動予算や知財の取扱いなど、活動スキームを中心に紹介する。

 

 

 

 

第2部 交流会 17:15 ~ 19:00
開催場所:マイドームおおさか 8階 サロン

 


 

開催場所:マイドームおおさか 8階 第1・2会議室

〒540-0029
   大阪市中央区本町橋2番5号 マイドームおおさか
   http://www.mydome.jp/mydomeosaka/

電車によるアクセス
   地下鉄堺筋線「堺筋本町」12番・17番出口から徒歩6分
   地下鉄中央線「堺筋本町」1番出口から徒歩6分
   地下鉄谷町線「谷町四丁目」3番・4番出口から徒歩7分
   地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」4番出口から徒歩15分
   地下鉄境筋線・京阪電鉄「北浜」5番出口から徒歩10分
   地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線「本町」3番出口から徒歩15分

 


 

参加費

シンポジウム

個人会員: 無料  法人会員  1,000円   一般: 2,000円      学生: 無料

交流会

会員、一般、学生一律: 4,000円    

 

各種団体のポイントについて
     PMP 2.25PDUが取得できます.(受講証明証発行)
     ITC  知識ポイント3時間分が付与されます.(受講修了書発行)