北海道支部について

支部概要

発足 平成24年7月6日
活動対象地域 北海道
活動計画概要 北海道地域におけるプロジェクトマネジメントの普及、推進シンポジウム、研究会・セミナー・トワイライトサロン・勉強会・支部総会等の開催、学会本部主催イベントへの参加、協力
北海道地域における会員数の増加
北海道支部に所属する会員数 正会員 68名、学生会員 1名、法人会員 9社
( 平成25年12月 現在 )

設立の趣旨

1950年代、アメリカにおいてプロジェクトの実行プロセスをスピードアップするために体系化されたプロジェクトマネジメント・プロセスが開発され、半世紀に渡る幅広い分野への実践と研究を通して多くのプロジェクトに採用され世界的に普及している。

昨今、プロジェクトマネジメントは、その技術の高度化と、上級プロジェクトマネジメント人材に強いニーズが増大してきており、このことは、北海道地域においても例外ではありません。そして、それらへの対応が急がれ北海道地域での研究・教育分野及び産業界全体にとって喫緊の課題となっています。

一方では、東京一極集中による人材の空洞化という課題があり、北海道地域においても高度なプロジェクトマネジメント人材の育成への取り組みは急務であります。 1999年3月にプロジェクトマネジメント学会(略称:PM学会)が設立され、2002年9月に日本学術会議の学術研究団体として承認され、「PMによる地域発展」を図ることを目的として、四国支部(2002年)、九州支部(2003年)、中国支部(2005年)、関西支部(2011年)と拡大してきました。このような状況を踏まえ、プロジェクトマネジメント学会の北海道支部を設立することにより、北海道地域での、各種の要請に応える産学一体となった活動を行い、プロジェクトマネジメントの高度化と人材育成による地域発展へ貢献していくものとします。