お知らせ

(new)  第6回北海道支部総会記念講演会の開催について

開催日時 平成29年1月20日(金曜日) 16:00~19:30(受付:15:50~)
開催場所

札幌市中央区北2条西2丁目19番地
TKPガーデンシティー札幌駅前 ホール3B・3C

プログラム

【1】ご挨拶

 16:00~16:05  PM学会北海道支部長 冨士 隆

【2】記念講演

①16:05~17:05
「仏陀バンクの取り組みについて」

一般社団法人 四方僧伽
代表 上川 泰憲 氏

【概要】
 経済的なシステムとして自由主義経済を開花させた現代社会は、その弊害として世界的な富の偏在を作り、豊かさから取り残された途上国 の人々の経済的な自立を妨げ、貧困から抜け出せない「負の連鎖」を生み出しました。私たち「四方僧伽(しほうさんが)」は途上国の個々人を経済的に支援し、彼らが暮らす地域全体の自立につなげることを目的に、2010年から寺 、僧侶を中心とした『仏陀バンク』をアジアの国々で 運営しています。仏陀バンクでは皆様からの「善意の出資を原資に、アジア各国の人々に無利子の小規模融資を行い、持続可能な地域社会の形成を支援しています。


<休憩> 17:05~17:10

②17:10~18:10
「極寒冷地における環境マネジメント」

北海道大学
教授 蟹江 俊仁 氏

【概要】
 過酷極まりないと思われている永久凍土地帯にも、エネルギーをはじめとする開発の機運が高まっている。しかし、このような自然は絶妙な環境条件のもとに成り立っており、わずかな環境変化が取り返しのつかない環境破壊に及ぶことも少なくない。自然を克服するのではなく、自然と共生するための取り組みを通じて、環境リスクの低減を考える。

【3】交流会 18:15~19:30

PDUの発行

PMP®の維持に必要なPDU発行対象のシンポジウムです。

【参加申込要領】

定員

100名程度 参加費:無料、交流会は別途会費を申し受けます。

交流会会費:
 法人会員および一般法人 2万円
 個人会員および一般 3千円

※会員以外の方の参加も大歓迎です。

申込方法 以下のお問い合わせ先まで、電子メールまたはお電話にてお申込みください。 (別途申込書をお送りします)
申込締切 平成29年1月16日(月曜日) 17:00迄
お問い合わせ先

一般社団法人PM学会北海道支部 事務局
TEL : 011-211-0501
Mail : hokkaido_br@spm-hq.jp

 

【終了】第5回北海道支部総会記念講演会の開催について

開催日時 平成28年1月22日(金曜日) 16:00~19:30(受付:15:50~)
開催場所

札幌市中央区北2条西2丁目19番地
TKPガーデンシティー札幌駅前 ホール2C・2D

プログラム

【1】ご挨拶

 ①16:00~16:05  PM学会北海道支部長 冨士 隆

 ②16:05~16:10  PM学会副会長 関 哲朗

【2】記念講演

①16:10~17:10
「テストアプローチによるERP短期導入方法論」

株式会社テクノスジャパン
副社長 奥出 聡氏

【概要】
 ERPパッケージの導入においては、ベンダ各社が過去に構築したお客様の共通機能を整備して、テンプレートとして提供しています。ベンダ各社では、テンプレートを適用して要件定義、適応性分析プロトタイプ構築等を効率化しています。テストアプローチによるシステム構築方法論では、適応性分析、プロトタイプ構築のフェーズは実施せず、マスタ設定、データ準備、業務テストを実施し、超効率的な構築を実現します。本講演では、事例を交えてお話しします。


<休憩> 17:10~17:15

②17:15~18:15
「ピラミッド型開発からチェーン型開発へ: 日本型の内製化によってユーザ企業の真のニーズに応える」

ピースミール・テクノロジー株式会社
代表取締役 林 浩一 氏

【概要】
 ユーザ企業のニーズとして、システム開発の丸投げをやめて、自ら内製化する可能性や、多重請負のピラミッド型の大組織でなく、小規模な組織によるアジャイル開発の採用などへの関心が高まっています。しかしながら、こうした取り組みの多くは、私たちがCIOT問題と呼ぶ困難に直面します。これは開発するシステムが小さなうちは良いけれど、大きくなってくると、手に負えなくなってしまうということを意味しています。小さなシステムの内製は簡単ですが、大規模になると開発の統制がとれなくなります。アジャイル開発も規模が大きくなると慎重な適用が必要になります。私たちは、AIST包括フレームワークを用いて、発注側に開発の標準を持たせることで、大規模になっても全体統制が取れる「チェーン型開発」モデルに取り組んできました。本講演では事例も踏まえこれからの新しい開発のあり方を展望します。

【3】交流会 18:15~19:30

PDUの発行

PMP®の維持に必要なPDU発行対象のシンポジウムです。

【参加申込要領】

定員

100名程度 参加費:無料、交流会は別途会費を申し受けます。

交流会会費:
 法人会員および一般法人 2万円
 個人会員および一般 3千円

※会員以外の方の参加も大歓迎です。

申込方法 以下のお問い合わせ先まで、電子メールまたはお電話にてお申込みください。 (別途申込書をお送りします)
申込締切 平成28年1月18日(月曜日) 17:00迄
お問い合わせ先

一般社団法人PM学会北海道支部 事務局
TEL : 011-211-0501
Mail : hokkaido_br@spm-hq.jp