論文要旨(Abstract)一覧

中小企業プロジェクトの失敗要因に基づくリスク分析

保田 洋,川向 肇,西村 治彦


限られた社員数の下,プロジェクトマネジメントに備える機会が少ない中小企業で,知識や経験が乏しい人材が知識体系化された方法でプロジェクトを進めるのは困難である.プロジェクトマネジメントの知識や経験が乏しい状況下でプロジェクトの失敗を防ぐには,支援のための新たなメソッドやツールが望まれる.そこで著者らはこれまで,中小企業に対して,失敗したプロジェクトの事例について内容等の収集を実施し,失敗要因の分析とカテゴリー化を行ってきた.本研究では,これまでの研究から得られた失敗要因をリスク発生要因とし,リスクマネジメントで広く用いられているリスクアセスメントに基づいて失敗回避に向けてのリスク分析を実施した.


サーバント・リーダーシップに必要な人間関係スキル

坂井 稔


経済産業省が2018年後半に,ITシステム「2025年の崖」の克服とデジタルトランスフォーメーション(以降,DX)の本格的な展開をテーマにした「DXレポート」や「DX推進ガイドライン」を立て続けに発表したことからも分かるように,日本においてもDXプロジェクトが本格化してきた.プロジェクトの推進には,デザイン思考,リーンスタートアップ,アジャイルの手法を活用するが,それに伴い,リーダーシップも従来の予測型プロジェクトと異なるサーバント・リーダーシップが求められるように変化してきている.本論文では,DXプロジェクトに関連するリーダーシップ論の共通的な要素である「人間関係スキル」に着目し,特にサーバント・リーダーシップに求められる人間関係スキルに必要な心理学的要素について,具体的にDXを推進しているアジャイルプロジェクトを調査することで明確にした.さらに,調査結果の重要視される具体的な心理学的要素について考察した.


社会課題解決のためのシニア・プロジェクトマネージャへのリカレント教育
- ITエンジニアからソーシャル・プロジェクトマネージャへのスキルシフト -

平井 均


2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)で挙げられた社会課題などを解決するために, 経験豊かなシニアのITエンジニアをソーシャル・プロジェクトマネージャにスキルシフトすることが効果的かどうかについて考察した.そこで, ソーシャル・プロジェクトを推進するためには, ITシステムの開発プロジェクトの経験があるシニアエンジニアに対して, どのようなリカレント教育を施すことが有効であるか検討した.具体的には, 社会課題を解決するビジネスをスタートアップしたシニア起業家や社会貢献活動を行ってきたシニアにインタビューし, ソーシャル・プロジェクトにおいて重要な事項を取りまとめ, 必要な技術やノウハウを特定し, 修得すべきプロジェクトマネジメント・スキルを検討した.


グローバル開発プロジェクト事例から学ぶ性能テストの勘所

持田 秀人,山村 喜恒,星 順一,川地 智子


性能テストとその対策は,開発・インフラ・PMOが連携して実施する必要があり,チーム単位ではなく全体感の状況を理解する必要がある.またグローバル案件は,契約の考え方やチーム体制が日本国内と異なるため状況を正しく把握するには現地のやり方を理解する必要がある.本稿はグローバル案件のプロジェクトの進め方や性能テストの留意点を,海外事例を元に説明する.


「五月病」からの回復術
- プロジェクトマネジメント学会メンタルヘルス研究会成果の実践と活用 -

新間 陽一郎


日本においては,4月は新年度の始まりであり,入学やクラス替え,就職・転勤,一人暮らしのスタートなど新しい環境へ変化する時期でもある.しかし,やる気はあるもののその環境変化に適応できないでいたり,環境変化に向けて気を張り詰めていた結果,春から初夏に向けて生命エネルギーがあふれてくるこの時期に自身のエネルギーが回復できていない人も実在する.その中で人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月の大型連休明けごろから起こることが多いため,このうつ病に似た症状を「五月病」と呼ぶことが多い.筆者は,新プロジェクトの開始に伴う環境変化により,このような 症状と疑われる状態となった.その経験から,「五月病」との名称はあるが,新規プロジェクトのスタートアップにおいて メンバーの召集,チーム編成,新しい環境への変化などが発生した場合,同様の症状が発症する人もいると推測した.本稿では,筆者の経験を基に「五月病」への理解とその対処法を自身が所属するプロジェクトマネジメント学会メンタルヘルス研究会の成果を活用し,プロジェクト現場におけるメンタル疾患への予防策を検討する.


初心者向けPM講座の必要性について

北畑 紀和


プロジェクトマネジメントは既に日本で20年以上様々な場面で活用されている.PM学会をはじめ協会も複数存在し専門的な議論も活発に行われている.その一方でプロジェクトマネジメントそのものを初めて聞くという方にも多数お会いするし,内容についても十分に認知されているとは言い難い.筆者はプロジェクトマネジメントをまったく知らない大学生向けに90分の講義を実施した.その講義内容とともにアンケート結果から今後のプロジェクトマネジメントの初心者向け講座の必要性についてまとめる.


タイプA行動パターンがリーダシップに及ぼす影響

村松 康汰,船水 勁太,原嶋 貴裕,早川 愛雅,内山 雄人,武田 善行


タイプA行動パターンが及ぼす影響について医学的, 心理学的側面から盛んに研究がなされてきた.本研究ではリーダ行動に着目し, リーダのタイプA行動パターンがリーダ自身の行動評価及びメンバからのリーダの行動評価に及ぼす影響について分析を行う.大学生を対象に質問紙調査を実施した.タイプAの検査としてKG式日常生活質問紙を, リーダ行動の検査として池田らの自信計測尺度を用いた.得られた結果を基に, タイプA行動パターンがリーダの行動評価に関与するのかについて分析する.結果としてタイプA行動パターンのリーダ行動評価がプロジェクトに及ぼす影響を明らかにし, タイプA行動パターンのリーダに対しどの様な施策を講じるべきかについて考察する.


NLP概念を適用した仮想体験型研修の実施報告

野元 拓也


システム構築プロジェクトを推進する上で,受注段階から発生しているリスクの回避は非常に効果的である.しかし,提案活動から受注に至る上流でのリスク回避が思うように進展しない.その為,当社では受注活動期を想定したリスク回避のための研修を実施した.特に今回実施した研修では,より実践的で効果的な2つの方式を採用した.1点目は,過去事例をモデルに作成したケースでロールプレイング方式の演習を実施し,リスク検知スキル向上を図った事.2点目は受注後のキックオフ会議を想定したプロジェクト仮想体験を演習に取り入れ,リスク抽出とその対策会議を実施した事である.併せて本研修の特徴としてステークホルダ間のコミュニケーションスキル向上をめざしてNLPの概念を演習に取り込んだ点がある.本論文では当該研修で試みた上記の方式についてその施策観点と内容を論ずる.


オープンソースプロジェクトに対する修正優先度に基づく即時的フォールト識別分析

曽根 寛喜,田村 慶信,山田 茂


オープンソースソフトウェア開発はバザール方式と呼ばれる開発形態をとっており,フォールトが発見されると世界中の開発者によって修正され,次のリリースに反映される.一方で,プロジェクト規模が大きくなると多くのフォールトが報告されるため修正が追い付かず,早急に修正すべきフォールトでさえ長い修正時間を要することが問題とされている.先行研究として,フォールトの修正時間を絶対評価により特定時間以内に修正されるか否かを予測する研究がある.しかしながら,数多くのフォールトに対して絶対評価による修正時間予測で同様の評価がされた場合,修正優先度を決めることが難しい.本研究では,上記の課題を考慮し,新たに報告されたフォールトの修正時間を直近に修正されたフォールトとの相対評価により予測する手法を提案する.これにより,多くのフォールトが報告される中,優先して修正すべきフォールトを容易に特定することが可能となる.


運用統制リーダーの育成に関する一考察

今村 公嗣,今井 理江,三橋 彰浩,岡村 洋輝,中鉢 隆之,日根 慎介,鯉沼 守孝,中島 雄作


情報システムの保守運用において,インシデント管理とは,何らかの理由によってITサービスシステムのユーザーがビジネス業務を遂行できない状況に陥ったときのIT運用管理プロセスのことである.その状況に対峙し,より迅速かつ永続的に復旧させ,業務継続性を担保することを目的とする.インシデント管理で最も重要な役割を担うのは運用統制リーダーである.しかし,運用統制リーダーのコンピテンシーや育成方法について確固たるものが存在しない.そこで,筆者らは,運用統制リーダーの人材育成論を確立すれば,インシデント管理の強化とITサービスの稼働率向上を達成してくれる人材を増やすことができると考えた.本稿では,運用統制リーダーの育成に関する一考察について述べる.


なかなか要件が決まらない大規模プロジェクトの準アジャイル開発マネジメント

小日向 勇哉


なかなか要件が決まらない大規模ITシステム開発プロジェクトに際して,上流工程のアーキテクチャ設計でコーディングレス開発の仕組みを整備し,対応した.また,あらかじめ要件変更を想定したチームビルディングを実施し,開発手法についても実質アジャイル開発を取り入れた.本プロジェクトで実施した施策とその成果及び教訓について報告する.


OSSプロジェクト開発工数予測のための一般化ジャンプ拡散過程モデルにおけるジャンプ特性の分析

田村 慶信,曽根 寛喜,杉崎 航大,山田 茂


オープンソースソフトウェア(OSS)はバージョンアップを繰り返しつつ開発が進められている.特に,バグフィックスバージョン,マイナーバージョン,メジャーバージョンなど,様々なバージョンがオープンソースプロジェクト上へ登録されている.本研究では,OSSの開発工数を予測するための一般化ジャンプ拡散過程モデルを提案する.さらに,一般化ジャンプ拡散過程モデルに含まれる未知パラメータを推定するために遺伝的アルゴリズムを採用し,実際の開発工数データを利用した提案手法の数値例を示す.ここで,ジャンプ拡散項に含まれるパラメータ推定結果に基づき,ジャンプ拡散過程の特性を分析する.本提案手法により,OSSの開発と運用においてQCD(Quality, Cost, Delivery)の観点からソフトウェア品質の向上を図ることが可能となる.


アプリケーション開発におけるCCPM適用の事例報告

平山 久典,村上 誠,大場 輝幸,朝稲 啓太,大田黒 俊一


近年のシステムは技術の急速な進展とともに,多様化,複雑化,短期開発化しており,アプリケーション保守においても,ステークホルダーからは要求仕様の多様化に加え従前の品質,納期,コストには今まで以上の高い要求が科せられる.また,ビジネスエリア拡大のために既存ビジネスの生産性を高め,上級SEを類似プロジェクト(新規)創出に割り当てる必要が出てきた.そこでCCPM(Critical Chain Project Management)を本格導入し生産性を高めることとした.導入にあたっては,共通の優先順位に基づき,リソースを集中し,WIP(仕掛中タスク数:Work in Progress)を制限することでスループットを上げることができ,納期の順守と共に,緊急作業の提供も大きく改善され,目標とした上級SEを新規創出に割り当てることができた.この事例を参考にしていただき,多くのプロジェクトに展開される事を期待する.


デジタル時代の大規模プロジェクトマネジメント手法に関する考察

足立 順,鈴森 康弘


近年のデジタルサービス開発においては,時代の変遷に遅れないよう,大規模な開発においても短納期でのサービス実現が要求されている.加えて,要件確定後においても,サービスの価値を高めるための変更要求が頻発するため,それらを継続的に取り込んでいくDevOpsの仕組み作りが必要とされる.商用化実績の少ない最新技術を活かしたソリューションを使用したデジタルサービスを,マルチベンダ体制にて開発するといった高難易度のプロジェクト開発を通じて得た『大規模デジタルサービス開発プロジェクトにおいて用いるべきマネジメント手法』に関する知見と,そこから見えてきた課題及び対応策に関して言及する.


海外技術者に対する設計書レビュー技術の教育

町田 欣史


ソフトウェアの品質向上のために,上流工程で作成された成果物のレビューは効果的である.しかし,レビューは属人性が高く,有識者でないと欠陥を効果的に検出できない可能性がある.さらに,日本語で書かれた成果物を,日本語を母国語としない海外技術者がレビューすることは難易度が高い.本稿では,日本語でのコミュニケーションが可能なレベルの海外技術者が,日本語で書かれた設計書のレビューを実施した事例を紹介する.海外技術者が設計書のレビューを実施するにあたり,事前の教育,作業の定型化,サンプルの提供を行ったことで,日本人がレビューしたときと同等の欠陥検出を実現できた.


データセンター移転におけるプロジェクトマネジメントのノウハウ

太田 雅一,山戸 昭三


顧客システムの運用形態が、オンプレミス型からクラウドサービスやアウトソーシングに移行し久しいが、近年データセンター建屋、設備等の老朽化が顕著になってきている.特に約20年前に開始したデータセンターは空調配管、キュービクル(電源設備)等は外観に異常がなくても、実際は老朽化が起きていることが多い.データセンターは契約で稼働率等SLAによって数値目標を決めている場合があり、顧客への「安全・安心」をどう継続するかが課題となる.筆者はそのような経験から、運営側でありながら顧客提案を行い、顧客システム移転と旧データセンターの閉鎖を行った.しかし、データセンター移転は大きなリスクを伴い失敗は許されない.そこで重要なのは、詳細なWBS作成、移転先電源設備、ネットワーク等のインフラ整備、移転後のハードウェア故障対応体制、テスト計画等をステークホルダーともれなく調整し「合意(コンセンサス)」することである.以上から筆者は移転プロジェクトマネージャーとしての経験をノウハウとして論述することにした.


機械学習・統計を活用したプロジェクトの成否予測
- 適用手法選択の事例 -

河村 智行,高野 研一


近年,ディープラーニングなどの人工知能に利用する技術の発展と共に,機械学習・統計を活用したプロジェクトの成否予測の事例が増えている.しかしながら,機械学習・統計の手法は多岐に渡るため,適した手法の選択が困難である.本研究では,既存のICTシステム開発プロジェクトの成否予測の仕組みに対して,8種類の機械学習・統計の手法を適用し,その結果を3つの観点で評価することで適した手法を選択した.これらの一連の手順を事例として紹介する.


教養科目群におけるプロジェクトマネジメント教育導入の試み

櫻澤 智志


札幌学院大学では,社会人基礎力の向上および海外で活躍する人材育成を目的とし,初年次教育の中核をなす教養科目を実践的なカリキュラムに再編した.筆者は,リスク分析等のプロジェクトマネジメントスキルを駆使して,プロジェクト完遂というミッションをシミュレーションする授業を展開している.当授業は,北海道内で活動する複数企業のプロジェクトマネジャーと協力し学生に指導する形式を取っている.その結果,現場で働く社会人の経験やスキルに直接触れることができる貴重な機会として,履修生から大いに好評を得ており,大学ならびに企業にも好影響を及ぼしている.「教養科目」「文系大学」「複数企業による産学連携」「地産地消」といった,全国的にも数少ないプロジェクトマネジメント教育の事例を紹介し,産学含めた今後のプロジェクトマネジメント教育のあり方について提言する.


ミャンマー現地スタッフによるシステム運用保守体制構築の成果と教訓

三橋 彰浩,木暮 雅樹


ミャンマーにおける公共系大規模システムの開発後,ミャンマー現地スタッフが主体となって運用保守を行える体制構築を目指した.公共系大規模システムの運用保守は現地スタッフにとって初めての経験であり,運用保守スキームの構築,メンバのモチベーションの維持,メンバ同士の連携,作業品質の向上,改善活動の定着等において多くの課題が発生した.本論文では,今後増えていくと想定される発展途上国向けシステムの運用保守に向けて,発生した課題に対して,より効果が認められた事例を教訓として紹介する.


段階的なシステム統合におけるプロジェクトマネジメント

横山 貴秀


 社会インフラシステムや基幹系システムなどのミッションクリティカルな領域においても,ハードウェアの性能や信頼性の向上,サーバ仮想化技術の進歩に伴い,既存の複数システムを集約し統合するプロジェクトが増えている.こうした複数のシステムを統合するプロジェクトでは,始めにシステム基盤の標準化を行い先行して稼働させた上で段階的にシステムを統合していく場合が多い.一方で社会インフラゆえにシステムの稼働についてはステークホルダへの約束事項として,期限を厳守する必要がある.そのため早期に品質を確保し,安全にシステムを統合する必要がある.また,段階的に統合を進めるプロジェクトにおいては,先行して構築したシステムが既に本番稼働している中で,サービス停止など一切の稼働状態に悪影響を与えずに,新たに統合するシステムの品質を作り込む必要がある.本稿では段階的なシステム統合に関するプロジェクトマネジメントにおいて,実際に発生した課題に対する施策,納期や品質への取り組みについて考察する.


運用統制リーダーのコンピテンシーとリーダーシップ論との比較

中島 雄作,鯉沼 守孝,今井 理江,今村 公嗣,三橋 彰浩,岡村 洋輝,中鉢 隆之,日根 慎介


情報システムの保守運用において,インシデント管理とは,何らかの理由によってITサービスシステムのユーザーがビジネス業務を遂行できない状況に陥ったときのIT運用管理プロセスのことである.その状況に対峙し,より迅速かつ永続的に復旧させ,業務継続性を担保することを目的とする.インシデント管理で最も重要な役割を担うのは運用統制リーダーである.本稿では,筆者らが考えた優秀な運用統制リーダーのコンピテンシーと,世の中にあるリーダーシップの理論を比較し,運用統制リーダーのコンピテンシーの特徴についての考察を記す.


PM必要数とスキルレベルに応じた育成方法の提案

遠藤 晃男,佐々木  智章,黒田 敏秋,谷本 茂明,斉藤 典明


ITシステム構築の需要が急増している.これらITシステム構築にはプロジェクト体制により横断的かつ組織的に推進していくことが必要である.システム要件も多様になってきたITシステム構築プロジェクトを成功に導くためには,プロジェクトマネジメントの知識ならびに豊富な実務経験を具備したPM(プロジェクトマネージャ)がプロジェクト実施のためのルールやツールを適切に運用し,プロジェクトを推進してくことが重要である.ITシステムの需要の増加に対し,PMの必要数ならびにPMスキルに応じた育成手法に関する検討は十分ではない.本論文では,ITシステム構築時に必要となる適切なPMの要員確保ならびにPM育成法について提案し,ITシステム構築プロジェクトの成功率向上に寄与する.


システム開発効率化に向けたオープンイノベーションの取り組み

井元 崇之,川村 冠東,和田 美江子,中越 修,Naveen Nandwani


近年システム開発の現場では,構成管理,ビルド,テストなど様々な用途でオープンソースが利用されている.当部門はシステム開発効率化に向けた環境の整備を行っており,これらのオープンソースをプロジェクトに適用するとともに,不足している機能があれば独自開発による補完を行っていた.しかし,独自開発による補完だけではオープンソースの進化のスピードについていけなく,補完機能などがバージョンアップにより使えなくなることがある.オープンソースのスピードに追随しながら必要な機能を開発するため,昨年度からオープンソース開発に参加する活動を試験的に開始している.オープンソースコミュニティと連携することにより,コミュニティからのフィードバックによる機能,品質の改善,開発者のモチベーションの向上などを得ることができた.本稿では,その事例として,社内のシステム開発効率化のためにオープンソースの負荷テストツールである Apache JMeterの機能強化を行った取り組みを紹介するとともに,社内開発とオープンソースコミュニティの開発をどのようにして連携すればよいかを考察する.


IT成熟度の評価方法および評価訓練手法の研究

福田 大真,山戸 昭三


プロジェクトをマネジメントする上で,ユーザのIT成熟度を判断することは重要なことである.しかし,IT成熟度を客観的に評価するための指標があいまいなままではユーザのIT成熟度を探るのは容易ではない.本稿ではユーザ企業と接するエンジニアに対してユーザ企業のIT成熟度を測るための指標を作成しその有効性の検証を行いその結果を発表する.


真の要求を明確にすることでPoCを成功につなげるデジタル時代の超上流マネジメント

岩崎 勝一


現在,多くの企業がデジタライゼーション(Digitalization)やデジタルトランスフォーメーション(Digital transformation:DX)に取り組み始めている.デジタル技術を業務改善に適用していくうえで,欠かせない工程がPoC(Proof of Concept)である.実際に多くの企業では,数多くのPoCが実施されている.しかし,PoCの結果が実際のビジネスに結びついていない.本稿では,お客さまの真の要求を明確にするプロセスを組み込むアプローチで実施したPoCの事例を紹介する.本アプローチにより,PoCの結果がお客さまの満足いくものとなり,PoCから次のアクションにつなげることができた.本事例を通して,PoCを成功に導くために必要なマネジメントのポイントを提示していく.


ISO25000をスコープマネジメントに取り込むにあたっての一考察

内田 和宏


当社はこれまで,ネットワークシステムの開発をビジネスの柱としてきたが,デジタルビジネスが隆盛となった昨今,通信以外の新しい業種へ精力的にビジネスを拡大している.ネットワークシステムは社会基盤を支える重要インフラであり,そこには高い信頼性が求められることから,当社がこれまで培った開発プロセスは他の業種にもそのまま通用すると考えていた.しかしながら,実際は業種毎に要求の特徴や暗黙知が異なっており,その確認ができていなかったことから顧客要求との齟齬が発生し,問題に発展するケースもあった.そのような中,多種多様な顧客の品質要求を網羅的に明確化することを目的としたISO25000シリーズが勧告化され,それは我々が求める顧客要求モデルと一致したことから,その手法を当社のスコープマネジメントに導入した.本発表では導入にあたっての考察と導入結果について報告する.


金融機関の基盤構築プロジェクトにおける品質リスクの考察

新谷 良輔


金融機関のお客様におけるシステム構築プロジェクトは様々な点で高い品質を求められる傾向にある.それはアプリケーション開発のみならず,基盤構築においても同様である.システム基盤は複数ベンダーの製品を組み合わせることが殆どで,主要な製品についてはそのスキルを保有するベンダーに発注するケースも珍しくはない.このような環境下における基盤更改プロジェクトにおいて発生する問題に対し,予め識別したリスクに対する分析,対応についての効果を考察する.さらに実際のプロジェクト経験を通して,さらなる課題が生じたため,どのような対応が有効であったかについても考察したい.


プロジェクト進行中の連続的な振り返り活動が生み出す効果について

山田 秀徳,原口 直哉


プロジェクトにおける振り返りは,関係者が集まりプロジェクト内の諸活動について意見を出し,それらを収集・明文化して教訓としてまとめ上げ,プロジェクトマネジメントスキルの向上や,プロジェクト運営に活かすことが目的とされている.この活動は,プロジェクトが完了した後の総括的な意味合いで実施されることがほとんどであるが,一方で,プロジェクト終盤では,参画していたメンバーの離任,序盤に感じていた事柄の記憶があいまいであるなど,必ずしも有益な情報を収集できない問題に直面することも多い.本稿では,当社で推進したあるプロジェクト(ウォーターフォール型)において,各工程が終了する都度,非対面でのアンケート記述を用いた振り返りを行い,次工程以降の活動に反映させたケースを報告する.併せて,本取り組みがプロジェクト内の複数のマネジメント領域に寄与した事例を紹介する.


ハーマン理論とSL理論に基づく学習モデル
- 子供の英語学習を通した学習モデルの仮説検証アプローチ -

南村 恵三,山戸 昭三


少子化等の影響によって子供向け英語教室の競争環境がますます厳しくなり,競合他社との差別化を図ることが重要な課題となっている.本論文の提案である学習モデルは,先ず,生徒の思考特性を把握し,思考特性に合った指導を行うことで,生徒のやる気を起こさせることを目標にする。そのためハーマン理論による脳優位調査を行う.次に,状況適合型リーダーシップ論であるSL(Situational Leadership)理論に基づき,生徒の成熟度レベルに合わせた教師の指示的,及び支援的行動によって,生徒の成熟度レベルをより高いレベルに移行させる.最終的には全脳優位タイプの思考特性を持った生徒を育成することを狙いとしている.この学習モデルをコアに差別化戦略を行うことによって,新規参入障壁が低く,厳しい競争環境であっても持続的競争優位を獲得することができる.


多様な設計書フォーマットの設計品質向上に自然言語処理で挑戦

吉原 真也


ソフトウェア開発では,設計工程で設計書を作成し,製造工程で設計書を元にソースコードを作成する.設計書には業務仕様が記述されており,有識者のレビューにより品質を確保している.本論文では,業務仕様を「機能内での処理の動作や順序を表す自然文」と定義する.限られたリソースである有識者によるレビューは業務仕様の正しさに集中する必要がある.業務仕様には「機能名」や「ステータス値」等の固有の値を設計書で定義する「システム固有の値」が含まれる.業務仕様に含まれる「システム固有の値」に着目し,自然言語処理を用いて業務仕様の品質を一様に確保する仕組みを考案した.自然言語処理により機械が設計書を読み込み,設計書間の設計要素の関連性を自動的に抽出することを可能にした.ソフトウェア開発における品質向上,コスト削減の取り組みとして共有する.


遅延プロジェクトにおけるプロジェクトマネージャ現場介入事例

石川 拓朗,喜田 秀仁,濱田 康隆,中田 智仁


社内プロジェクトで発生した遅延を最小限に留めるためには,プロジェクトマネージャ(以下,PMと略する)が社内ならではの了解事項や暗黙知を理解した上で,遅延プロジェクトの課題や前提条件を把握し,適切に着地点を決める必要がある.しかし,社内PMを育成するためには,基本であるプロジェクトマネジメント知識の習得および習得知識の実践に加えて,遅延プロジェクトの経験により課題解決能力の獲得が必要となる.本稿では,遅延プロジェクトにおいて,若手PMが育成目的で現場介入した事例を基にPMが現場介入することの有効性と課題について考察する.


モチベーション・マネジメントの実践とその有効性に関する考察

竹本 幸平


我が国の継続的な成長にITは必要不可欠であり,そのためには十分なIT人材を確保することが重要であるが,DXレポート等で公表されているとおり,我が国のIT人材不足は顕在化している.この対策としては,若手社員の採用・育成や海外リソースの活用等が挙げられるが,現有戦力であるミレニアル世代やシニア世代のメンバーを最大限に活かすための再教育やモチベーション維持・向上を図ることも重要である.私はリーダーとしてメンバーのモチベーション維持・向上に取り組んでおり,本書において実施した施策の有効性を考察する.


デジタル変革・働き方改革に対応したPMメンタリング方法の改善

志摩 孝夫


NTTデータでは,プロジェクトマネージャ育成として,PMグループメンタリングを導入し,状況に合わせた改善を実施している.2018年度に実施したメンタリング結果を振り返ったところ,近年,IT業界や社会において話題となっている「デジタル変革」,「働き方改革」に関連した課題が明確になった.今年度はこれらの課題に対応するため,デジタル変革に関するテーマの増加を踏まえたグルーピング方法,欠席による機会損失を減少させるデジタルワークプレイスの活用,働き方改革を踏まえた効率的な事前準備方法の例示を実施している.本稿では,これらの課題と対応策ならびに現在の取り組み状況を報告する.


PBLにおける目的優先度に基づくチーム編成案の改善に関する一考察

玉田 亮,下村 道夫


PBLは学習者が問題を自ら発見し解決していく能力を身につけていく学習形態で,様々な教育現場で取り組まれている.ある教育機関で行われるPBLの方法では,複数の組織に割り当てられた要員を複数チームに分け、各チームがPBLを通じて得られた成果物を順位付けするものがある.高い順位になれるかどうかを左右する重要な要素の一つとしてチーム編成があり、割り当てられた要員を用いてチーム編成をどのようにして行うかが重要となる.著者らはProMAC2018でチーム編成アルゴリズムを提案している.その課題の一つに,適切な属性や性格の具体的内容が未検討という点が挙げられる.本稿では,その課題に関する検討結果を述べる.


短期プロジェクトにおけるOJT型人材育成についての一考察

和田 恵美


慣行として新卒一括採用制度が主流の日本において,いわゆる新人と呼ばれる実務経験の浅い要員の育成は,OJT(On-the-Job Training)で行われることが一般的である.ところが,現場では各プロジェクトの品質を守るために人材育成がおざなりになっているケースが散見される.教育のための原価が,近視眼的にはマイナスの生産性となってプロジェクトを圧迫するためである.本稿では,短期間かつ少人数で比較的難易度の高いプロジェクトにおいて,メンバーに新人をアサインする場合に有用な,Will-Skill Matrixをベースとした人材育成指標としての新しい人材分析フレームワークを提起する.本フレームワークは定量的に新人の現状を分析することで,Will-Skill Matrixよりも的確に新人の担務を割り振ることが可能になる.これにより,OJT型人材育成とプロジェクトマネジメントの両立が可能であることを示した.


トラブル事例から学んだ障害発生後に求められる危機管理プロセスとアウトプットについて

川口 貴章


テスト工程まで進んだ状況下で,1000件もの障害が発覚するというプロジェクト事例を題材とし,障害発生後に必要となるプロセスやアウトプットを整理し,計画タスクへの影響を可能な限り極小化する事に繋げる事を考えた.これらは,品質管理計画の範囲外であり,通常とは異なる状況において必要となる危機管理の一環であり,本稿の研究の成果として示すプロセスやアウトプットは,トラブル事例で実際に著者が考え経験した事を交えた内容とする事で,障害発生時にどのような対応を行いアウトプットを出す必要があるのか,という指標になると考える.危機管理プロセス及びアウトプットは新しい観点のものでありながらも,特に,お客様への障害報告に向けた準備事項や報告時に注意すべき点については他の障害対応時にも求められる事であり,有用性があると考えられる.


「IT経営を推進するための授業プロジェクト」の企画と実践および評価

山戸 昭三,五月女 健治


法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科は,IT経営を推進・支援するための人財育成のための授業を企画し実施している.複数の授業を実施するにあたって,プロジェクトマネジメントのさまざまな知識エリアのツールと技法を活用し,ステークホルダーとの調整,受講生の募集,受講生の理解度と満足度の向上のための工夫を図って,授業構成の設計と実施を行った.本論文では,本学の社会人学生を対象とした授業の企画,座学とチーム演習の工夫,学生からの評価,今後の課題について論ずる.


不確実性を考慮した深層学習に基づく,UI/UX設計プロジェクトの進捗予測

杉崎 航大,田村 慶信,山田 茂


標準化,コスト削減,短納期といった観点から,多くの組織においてオープンソースソフトウェア(OSS)が利活用されている.OSSは従来のソフトウェア開発とは異なり,バグトラッキングシステムを用いた開発形態であるため,テスト工程がなく,信頼性評価に問題点が存在する.本論文では,OSSの信頼性を評価するために投入開発工数に着目し,それをOSSの画面データを入力とする深層学習によって分析することによって,信頼性向上の可能性について検討する.


ISMS認証取得後の定着化に向けた作業負荷軽減対策と効果的な取組方法

松川 正


当社は,2015年10月から国際標準に適合すべくITガバナンス強化に取り組み,その一つとして情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の運用を開始し,2016年11月にISMS認証を取得した.ISMSにおいては,筆者は認証を取得することより,認証取得後も役職員がモチベーションを維持し続け,組織内にISMS活動を定着させることの方が肝要と考えている.昨年,筆者は当社の事例をもとに定着活動において大きな効果を発揮した「経営層の関与」と「文書化(ISMSルールブック)」の2つの具体的施策と今後の課題を報告した.本稿では,昨年の報告から1年経過後の定着状況,昨年課題とした事項の対策事例,そしてその他の定着化に向けた効果的な取り組み事例を報告する.具体的には,前述の2つの施策によるISMS活動への効果の検証,作業負荷の課題に対する対策として,定例進捗会議と内部監査に関する「作業負荷軽減対策」の具体的な内容について述べる.また,定着化に向けて継続的に実施し効果を発揮している「教育活動」と「水平展開活動」の内容についても紹介する.


AIを活用したプロジェクトマネジメント改善の取り組み
- ~分析データ収集の落とし穴~ -

松山 新,荒木 辰也,今井 達朗


我々は,プロジェクトマネジメントにAIを活用して効率化する取り組みを進めている.その中で,新たな認識を得ることができた.一つには,通常のプロジェクトマネジメントで収集している自然科学系のデータに加えて,実は社会科学系のデータを収集することが重要だという気付き.もう一つが,一般にプロジェクト管理の各局面ではミクロの視点で現象を深掘りしがちだが,実はマクロ的な視点でそれらの情報を紐づけて行くことも必要という気付きである.本稿では,新たな取り組みを起点としたこれらの気付きについて紹介する.


大規模SI開発におけるテスト推進の役割について

伊浪 雅人


大規模SI開発においては「テスト推進」なる組織が設置される場合が多い.しかしながら「テスト推進」が具体的に何を行うかについては開発現場ごとに解釈が様々であり,かつ「テスト推進」について,世間で流通している情報は非常に少ない.このことから「テスト推進」の役割については,一般的な解がないのが実態と考えられる.「テスト推進」の役割はプロジェクト上位者の経験知に基づき,現場ごとに定義されている場合が多い傾向にある一方,大規模かつマルチベンダ体制で指揮系統が煩雑化した場合には,その役割をコントロールしきれない可能性がある.本稿では,その陥穽に陥ったプロジェクトを参考に「テスト推進」が果たすべき役割の定義について考察の上,提案を行う.


“品質保証ストーリー”の導入と展開

泉 友弘,田中 覚,三角 英治,佐藤 慎一


プロジェクトを成功に導くためには,プロジェクト特性を考慮して全フェーズを見通した品質保証方法を策定し,それを実現する開発・管理プロセスを定義し実行管理することが重要である.しかし,新規システム開発や比較的小規模な機能追加が繰り返された後のシステム更改などにおいて,開発内容や規模に見合った開発・管理プロセスの定義・実行管理ができていないために,品質確保・納期遵守ができずにプロジェクトが問題化することがある.このような事態を防ぎ,開発・管理プロセスを適切に定義し実行管理するため,当社では“品質保証ストーリー”の考え方を導入している.


社内プロジェクトマネジメントの課題と社内プロジェクトマネージャの育成

中田 智仁,喜多 秀仁,濱田 康隆,石川 拓朗


働き方改革やERP保守期限切れ対応など企業内部で業務改革を推進するプロジェクトが盛況である.自社内のプロジェクトを自社のプロジェクトマネージャがマネジメントする場合,他のプロジェクトには見られない,マネジメント上の困難さがある.本報では,社内プロジェクトをマネジメントする上での課題を整理し,社内プロジェクトマネージャの育成の取組み事例について説明する.


CCPMを適用する際の2-Tieredプランニング方法

朝稲 啓太,宮川 真理子,大田黒 俊一


本論文はCCPM(Critical Chain Project Management)のエッセンスであるパイプライニング(リソース集中とLow WIP)を実行するため、プロジェクトのプランニング段階における2-Tiered プランニング方法の手順を整理した。また、整理した手順に基づき、実プロジェクトに対して、従来のプランニング方法と2-Tiered プランニング方法を比較し、プロジェクト期間などを評価し、2-Tiered プランニング方法の手順の妥当性を検証した。


レガシーモダナイゼーションにおけるアジャイル型小ロット開発モデルの実践手法
- 11,000人月超の大規模プロジェクトを成功に導いた3つの型のカイゼン -

松村 俊哉


DXの推進が注目され,企業は競争上の優位性を確立するために俊敏な対応が求められている.一方,「2025年の崖」と言われるように,レガシーシステムが足かせとなってDXの潮流から取り残され,企業経営基盤の維持・継続が困難となる危機が迫っている.レガシーモダナイゼーションの成功事例はあるが,レガシーモダナイゼーションを実現するためのベストプラクティスは確立されていない.本稿では,基幹業務システムのレガシーモダナイゼーションの取り組みにおいて考案した「反復型ウォーターフォール」の開発プロセスと,「漸進型リリース」「自律改善型マネジメント」によるアジャイル型小ロット開発モデルの実践手法と有効性を示す.レガシーモダナイゼーションを実現する手法の確立と,プロジェクトにおけるQCDの達成,CS向上,ES向上の効果を得ることができた.今後,本稿がレガシーモダナイゼーションのベストプラクティス確立の一助となれば幸いである.


AIプロジェクトマネジメントに関する一考察

渡邊 恒文


深層学習の進展に伴いこれまのモデル化できなかったものが,データを与えることにより認識・予測ができるようになった.この背景により近年増加してきているAIプロジェクトの実施時における注意点を,プロジェクトの目的,プロジェクト実施体制,プロジェクト・ライフサイクルの3つの視点で論じる.さらに,AIプロジェクトを効果的に実施するための組織のチェンジマネジメントについて議論する.


“生産性向上ナレッジ分析手法”で抽出したPJの生産性向上の要諦

矢野 有美,平尾 英司,福岡 俊一


我々は,PJ内での問題の発生から解消までの思考の流れを分析することで,問題の原因と効率的な解消方法を把握する「PJの生産性向上ナレッジの分析手法」を提案している.この手法を,提案フェーズの実案件に適用した結果,「指示」「意思決定」「権限委譲」「達成基準」の4つの観点を適正に行うことが生産性向上の鍵になることがわかった.これらの観点の問題はいずれも,上下間のコミュニケーションにおいて,良かれと思って行われた行動が生み出す弊害によって生じていた.本稿では,分析によって抽出した,各観点における典型的な問題とその発生メカニズム,および効率的な解消方法を具体的に説明する.


PJの生産性向上ナレッジの分析手法の開発

平尾 英司,矢野 有美,福岡 俊一


一般に問題PJが発生すると,その改善のためになぜなぜ分析やヒアリングなどで原因分析が行われる.しかし,これらの事後分析は,記憶の変容などにより事実誤認が起きやすいことや,問題発生時の状況を正確に再現することが難しいため改善策の実用性・実現性などが担保されない,といった問題がある.通常,うまくいっているとされるPJでも日々問題の芽は発生し続けており,問題PJとの差異は,問題を早期に発見し顕在化する前に解消できているかにある.このような定常的に起きている問題の芽の発生から解消までのサイクルに着目することで,起きやすい問題とそれに対する実用的な解消方法を同時に知ることができる.さらに,問題発生時と解消時の条件の相違を理解すれば,事前の対策,問題発生時の解消までの期間短縮も可能になる.そこで本研究では,コントロールできている正常PJの中で,顕在化していない問題の芽を見出し解消までのサイクルを見出す方法,および問題の芽の発生時と解消時の条件の相違を把握する方法を見出し,「PJの生産性向上ナレッジの分析手法」として方法論化したので提案する.


PBLの円滑推進の一助となるチョコレート選択方法の提案

岩永 麻友美,下村 道夫


Project Based Learning(以下,PBL)とは複数人で取り組むプロジェクト型学習であり,高い教育効果が得られることから教育機関等で注目されている.プロジェクト経験の少ない学生がPBLに取り組む場合,多くのストレスがかかる,集中力が続かない,モチベーションが低下するといった困難に遭遇することがある.そこで,これらの困難を摂取物で低減できないかと考え,本稿ではチョコレートに着目する.近年,チョコレート市場が拡大中であり,その中でもストレスへの抵抗や集中力を高めることを謳っている機能性チョコレートの人気が高い.そのため,これらの製品種類がかなり多くなっており,どのような状況においてどの製品を摂取すれば良いかがわからないという問題が存在し得る.本稿では,その解決手段の一つとして,自分の嗜好,直面する困難や状況に応じて,最適なチョコレート製品が選定できるデシジョンテーブルを提案する.


PBL実行中の作業効率低下を防ぐ運動内容選択方法の提案

大城 健一,下村 道夫


Project Based Learning(以下,PBL)とは複数人で取り組むプロジェクト型学習であり,高い教育効果が得られることから教育機関等で注目されている.PBLでは講義時間を超えて長時間作業する機会が多いため作業効率の低下が起こり得る.作業効率の低下を防ぐための一手段として運動に着目する.個人の体力や体調,取り組んでいる作業種別によって,適した運動内容が異なることが考えられる.例えば,日頃からランニングをしている体力のある人にとっては,体操程度では効果がなく,5km走などの比較的負荷の大きい運動が必要となることが考えられる.本稿では,個人の特性(体力,運動能力,体調など)やPBL実行中の作業種別(アイデア出し,計画書作成など)を指定すると,作業効率低下の防止に役立つ,適切な運動種別,運動強度,運動時間が得られるデシジョンテーブルを提案する.


模擬シナリオを用いた実践的なPMスキル向上への取り組み

木村 良一,佐藤 優之,李 霞,髙桑 美季,成瀬 隆明,酒森 潔


産業技術大学院大学(Advanced Institute of Industrial Technology ;AIIT)では、社会人のための専門職大学院として企業が必要としている実践的な人材の育成に取り組んでいる。プロジェクトマネジメント分野においては、シナリオを用いた学習により、プロジェクトの立ち上げから終結までを一貫して体験し、プロジェクトマネジメントの全体像を把握するとともに、シナリオのいくつかの局面において、学生同士が相互にディスカッションすることで新たな気づきを得ることにより実践的なプロジェクトマネジメントスキルの向上を狙っている。本稿では,シナリオを用いた実践的なプロジェクトマネジメントスキル向上への取り組みについて報告する。


PBLを行う女子学生を適切な心理状態にする化粧内容選択手法の提案

岡崎 詩織,下村 道夫


Project Based Learning(PBL)とは複数人で取り組むプロジェクト型学習であり,高い教育効果が得られることから教育機関等で注目されている.PBLではチームメンバーの心理状態が進捗や成果物の質に影響するため,PBLで遭遇する作業内容毎に適切な心理状態で作業を行うことが望ましい.しかし,学生は一般的にプロジェクト経験が乏しいため,そのような状態にすることが難しい場合がある.女子学生に着目すると,日常的に行う活動の中で心理状態を制御できる方法の一つに化粧がある.化粧には対自効果があり,化粧方法(形作り,色合いなど)により心理的な影響を及ぼすと言われている.そこで,本稿では,PBLを行う女子学生に着目し,プロジェクトで遭遇する様々な作業をより良い心理状態で行うのに資する化粧内容を選択する方法を提案する.


イノベーション分野のWebサービス開発に求められる品質マネジメント手法

益田 英哲


先行事例の少ないイノベーション分野のWebサービス開発においてプロトタイプモデルを用いて,お客さまの要求を引き出しながらプロトタイプの作成と検証を繰り返し,商用化を実現した.しかしながら,商用後に品質関連の課題が複数発生し,Webサービス改善に追われた.この経験を通して,プロジェクト推進中に発生した品質課題と改善施策について知見を得た.本稿では,プロジェクト推進中に発生した品質課題と改善施策の実例を踏まえて,イノベーション分野のWebサービス開発で考慮すべき品質に関する施策について見解を述べる.


プロジェクトマネージャの感性に関する調査
- コミュニティ活動を通じて感性を磨きスキル向上へ -

木村 梨絵,山川 直樹,武田 昭


プロジェクトマネージャのスキル向上において,主に研修による知識習得や職場OJTによる直接指導などの手段が取られるが,基本的な知識やルールを習得した後は,それらをスキルとして発揮させるため,経験を積み感性を磨くことが必要となる.しかし研修や職場OJTで得られる経験には限りがあるため,プロジェクトマネージャの社内コミュニティを設立し,プロフェッショナルが相互に研鑽できる場を数年にわたり運営してきた.本稿では,プロジェクトマネージャのコミュニティ活動の紹介と,コミュニティに参加するプロジェクトマネージャに対して調査した「プロジェクトマネージャに必要と考える感性」について報告する.


DX時代のPoCのプロジェクト管理を効率的に進めるための考察

金子 英一


昨今のデジタルトランスフォーメーション(DX)の広がりと供に,システム開発プロジェクトは,効率化やコスト削減といった守りの姿勢から,新たなビジネスチャンスを開拓する攻めの姿勢へとシフトしてきている.攻めの姿勢のシステム開発プロジェクトでは,これまでになかったビジネスの企画や構想と,比較的新しいテクノロジーを組み合わせて実施するため,実現と成功に向けては超えなければならない課題やリスクが存在する.それらの課題やリスクの解決策や低減策を早期に見いだして実現の確率を高める,もしくは軌道修正や撤退を判断するための手段としてシステム開発プロジェクトの企画段階や開発計画前にPoC(Proof of Concept)を実施することが主流となっている.PoCの役割は,先に挙げた実現の確率を高めたり,軌道修正や撤退の判断を行うための検証結果を得ることから,そのスコープも変更や追加が多く,PoCプロジェクトとしては柔軟な管理と運営が求められる.当研究では,スマートフォンとサーバー上に販売支援モバイルアプリを構築するシステム開発プロジェクトのPoCにおいて,柔軟にスコープの変更を受け入れながら,PoCの目的を達成するために行った,プロジェクトのスコープ管理や統合管理等の対応策と効果について考察する.


保守プロジェクトにおける本番作業品質向上の対策に関する考察

佐藤 雅子


保守プロジェクトを運用していくにあたって、移行作業やメンテナンス作業における本番作業の品質は顧客満足度に影響する重要な観点である。本論文では実際のプロジェクトで実施してきた本番作業品質向上に向けた対策とその作業結果を元に、どのような対策が効果的であったのかを考察する。


システム再構築プロジェクトを成功に導いた一事例

山道 俊介


「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の実現において「レガシーシステム」が大きな足かせになっており,解決手段の一つとしてシステムのモダナイゼーションが挙げられる.システムの再構築においては,既存システムの仕様と機能を踏襲しつつ,いかに安全に再構築するかが重要であるが,「現行踏襲」という言葉に惑わされて,仕様が曖昧なままプロジェクトが進行し,のちに開発期間やコストの超過に陥るリスクをはらんでいる.システム再構築においては,既存システムの機能を現行踏襲する場合であっても,要件定義時に既存システムの構造調査,スコープや仕様の明確化,およびそれらを確認できる既存資産の存在と整合性の確認を行わなければ,失敗プロジェクトへの一途をたどることになる.本稿では,当社におけるシステム再構築事例をもとに,システム再構築プロジェクトにおける考慮事項や,具体的な対応事例について述べる.


組織タイプによるプログラムマネジメント手法の考察
- イノベーション組織マネージメントへのアジャイル手法の適用 -

上條 英樹


本稿は,プログラムマネジメントにおけるアジャイルマネジメント手法ついて検証を実施した.背景として,近年,日本においてもアジャイル開発が拡大しつつあり個々のアジャイルプロジェクトのマネジメントについては確立されてきている.エンタープライズ・アジャイル分野の考え方の一つに組織や企業活動そのものをアジャイルで運営するという考え方がある.そこでプログラムレベルでのマネジメントの実態とアジャイル手法を活用したケースの課題を抽出し組織マネジメントとしてアジャイルを活用するべきなのかの方向性について検証を実施した.組織特性や組織の目的により分類を実施しその組織タイプによるマネジメント手法につい論ずる.


運用統制リーダーのコンピテンシー分析に関する一考察

今井 理江,今村 公嗣,三橋 彰浩,岡村 洋輝,中鉢 隆之,日根 慎介,鯉沼 守孝,中島 雄作


情報システムの保守運用において,ITサービスの利用者が何らかの理由により業務を遂行できない状態を,いかに早く解決し,業務を続けられるようにするかを支援するIT運用管理プロセスをインシデント管理と呼ぶ.インシデントが早期解決に導かれるには,インシデント管理のリーダー(運用統制リーダー)の力量にかかっている.通常ITサービスマネージャーに要求される資質に比べ,運用統制リーダーに必要な資質は一部に限定されるので,若手にチャレンジさせたほうがよい役割だということがわかった.本稿では,運用統制リーダーのコンピテンシー分析に関する一考察について述べる.


ITILとCMMI-SVCを活用したプロセス改善活動の効果と教訓

中田 みどり,森脇 佐衣子,三橋 彰浩,木暮 雅樹


筆者らは,公共系大規模システムを開発・運用しており,「攻めの運用,プロアクティブな改善」をテーマにシステムの安定運用と継続的改善に取り組んできた.組織全体の改善をより高いレベルで推進するため,ITILとCMMI-SVCの活用に着目した活動を実施しており,今般,国内2例目となるCMMI-SVCレベル3を達成した.本稿では,大規模かつミッションクリティカルなシステムにおける,ITILとCMMI-SVCを活用した保守運用の改善事例を紹介し,取り組みにおいて得られた知見を共有する.


上流工程でのスケジュール遅延防止を目的とした 「レビュー効率化」の取り組み

本間 浩太


プロジェクトマネジメントは,過去の経験・教訓から学び,実践を行いながらプロジェクト成功に向けて推進することである.近年のシステム開発の傾向として,顧客を含めた上流工程のスケジュール遅延が,後工程のプロジェクト進捗に大きな影響を与えるケースが多い.特に納期厳守は高度なマネジメントであり,プロジェクト計画段階からのステークホルダー分析,進捗管理,タイムリーな情報伝達が鍵となるが,プロジェクト推進の実態は,これらが機能せず,トラブルプロジェクトとなるケースが少なくない.本稿では,このような状況から,予定と実績で大きく相違しているアクティビティに着目し, レビュースケジュールに対して,「目的とゴール」を設定したレビュー効率化による遅延防止の取組みについて報告する.


オフショア開発の効率向上に関する考察

渡部 淳一,南部 広樹,呉 建慧,清水 理恵子


近年,ソフトウェア開発プロジェクトでのオフショアを活用した開発は一般化してきている.しかし,開発拠点がオフショア先に分散することにより,問題発生時の対応や開発メンバの状況把握に課題が生じやすい.したがって,QCD(Quality, Cost, Delivery)を達成するためには,分散拠点を考慮した開発環境の整備やリソースマネジメントが重要になる.今回,我々は複数拠点での開発を成功させるための施策を検討し,開発プロジェクトに適用した.本論文では,その結果から,オフショア開発の効率向上施策について考察する.


会議形態ごとのメンバーの相互理解プロセスの分析
- 行動観察,官能評価による対人認知状況のモニタリング -

小関 菜月,関 研一


大学のProject Based Learning(PBL)型授業でのグループワークを想定したFace to Faceの会議とビデオ会議さらに電話会議に着目し,対人認知の差を実験的に分析する.メンバー間のコミュニケーションの状況を,それぞれの会議形態において,自己が他者に向けて行動し,他者が反応,それを自己が観察する対人認知の要素プロセスに着目して数値化することを試みる.被検者の非言語的表現として,アイコンタクトや身体動作等の行動観察や,言語表現として,官能評価試験を用いた印象解析を行った.これらのデータより,会議形態における対人認知の差異を分析し,PBLやグループワークなどにおいてのコミュニケーションの取り方,場の作り方の検討をした.


トピックモデルを用いたテスト仕様の摘出に関する一考察

今野 裕紀,小笠原 秀人


ソフトウェア開発のテスト工程では,機能毎の単体テストから始まり,複数の機能毎に連結して行う結合テスト,最後にシステム全体をテストする総合テストを行う.これらすべての工程にはテスト仕様書が存在し,機能の新規追加や改良によってテスト仕様書は新たに作成される.テスト実施時には既存のシステム部分は過去のテスト仕様書からテストが実施される.その際,既存部分はテスト実施時間と影響を考慮してデグレードが発生していないかリグレッションテストが行われる.しかし,影響がないと思っていた箇所からバグが発生してしまう問題がある.この原因は,テスト仕様書の記述には自然言語を用いられることが多く,類似したテストを選択できず,テスト選択に抜け漏れが起こるからである.また,それらは人による作業で行われることからスキルや経験によってバラツキが発生する.そこで本研究は,トピックモデルを用いて既存のテスト仕様書から新規に作成したテストと類似性の高いテスト項目を選択し,その結果から関係性の高いテスト項目の摘出を行う.


プロジェクトマネジメントの観点から捉えたスポーツ大会運営のあり方

佐藤 優之,酒森 潔


近年、日本のスポーツビジネスは様々な競技種目で発展を続けている。プロ化が図られたバスケットボール、卓球等はその代表的な事例としてあげることができ、今後もスポーツビジネスの普及と発展が予想される。本論では、大会運営のマネジメント方法をプロジェクトマネジメントの観点から捉え、健全な大会運営とはどのような観点が重要であるか考察している。モデルケースとして扱う内容は、大学スポーツでの大会運営事例で、実際に大会が行われた一年間を振り返り、課題と改善点を考察する。


Delphiマイグレーションでの変換率向上と新旧比較テストの取り組み

梅谷 聡一


 ソフトウェアのマイグレーションはウォータフォール手法が適用できない難度の高い開発である。マイグレーション開発の中でも変換ツールを用いるリライト開発では、 “変換率向上”による“手動コーディング量の削減”および“新旧一致”という“品質”の保証”が求められるため、 “変換率向上”と“新旧比較テスト”に対する計画策定、実行管理が最重要事項であると考える。我々のプロジェクト(Delphi→C#変換プロジェクト)での“変換率向上”と“新旧比較テスト”に関する取り組み事例を紹介し、成果に対する考察を述べる。


気づきに着目したPM育成についての一考察

辻川 直輝,大鶴 英佑


変化の激しい市場にプロジェクトを適応させて,新規プロジェクトでも大きな失敗をしないようにリスクに柔軟に対応することがプロジェクトマネージャ(PM)には求められている.プロジェクトの振り返りの中で,課題・問題は意識していたが影響を見誤った,兆候はあったがリスクを認識することが出来なかった,そのため原価が悪化したという声が上がっている.早く気づくことが出来れば迅速な対応も期待できるため,気づくことに優れたPMを育成することが必要である.そこで,第一人称で考え,幹部・同世代との交流を図り,気づく機会を創出して知識や対応の引き出しを増やすことを目指して,PM交流会を立ち上げた.PM交流会は幹部講話,親睦会での意見交換,ディスカッションの3つを軸として,改善を繰り返し,気づきを増やすための試行を実施している.評価は,参加者や上司への5段階評価,および自由なアンケートに寄せられた意見から抽出した関連ワードの出現傾向から行っている.本稿は,意図した研修を実施するためにどのような取り組みに効果があるかを考察した経過報告である.


海外事業会社における受注プロセス構築と改善活動の考察

関口 大輔


プロジェクトが問題化した際の影響は非常に大きく,問題プロジェクト(不採算案件)の多発により,会社への業績に影響を与えてしまうこともある.NTTデータでは,過去の問題プロジェクトの経験から,同じ様な状況を再び招かないように様々な取り組みをおこなっている.一般的には,プロジェクトの受注を目指す段階では営業組織が主体となって進められるがゆえ,プロジェクトが始まってからの開発段階におけるリスクについては見逃されがちである.そのため,受注の前段階で正しくリスクを洗い出し,リスク軽減策を検討したうえで提案をおこなう受注プロセスの構築が重要である.NTTデータにおいては,海外売上高比率が高まってきたことから,海外でプロジェクトの開発を遂行するグループ会社(以降,海外事業会社)においても大規模な問題化案件の発生抑止を目的としたプロセスの整備を進めている.本稿では,筆者の海外事業会社における受注プロセス構築と改善活動を通じて得た知見について,その留意点,教訓について述べる.


メンタルヘルス研究会の紹介と研究事例
- ボランティア精神のプロジェクトに及ぼす効用 -

野尻 一紀


メンタルヘルス研究会は随時メンバーを受け入れながら,これまで10年間継続して活動してきた.この間,100回を超える定例勉強会に加え,北海道から沖縄まで各地域で10回のワークショップを企画し,多くの方々に参加いただきながら,プロジェクトにおけるメンタルヘルス不調の予防策について議論を重ねてきた.本稿では,こうしたメンタルヘルス研究会の歩み,ワークショップの成果,今後の研究会の活動予定について報告するとともに,新たな研究事例について紹介する.


プロジェクトにおける潜在的危険性診断のためのAI的アプローチ

大野 晃太郎,劉 功義,石井 信明,横山 真一郎


企業のデジタルトランスフォーメーションや新規技術の適用など,プロジェクトマネジメントの高度化が進む一方で,経験を豊富に保持する技術者が減少している.そのような現状の中で,組織で利用可能なデータを有効に活用し,プロジェクトを効率的に推進することが望まれている.しかしながら独自性,および有期性の特徴を持つプロジェクトは,時点ごとに収集,活用可能なデータは異なる.また多種多量にデータが収集できたとしても,プロジェクト推進過程で重要なデータを判別することは難しい.そこで本研究ではプロジェクト内のコミュニケーションデータに焦点をおき,AIのアプローチを用いてプロジェクトマネジャーに潜在する危険性を提言する方法を提案する.また簡易なデータを用いた提案手法の実行可能性を検討した結果も報告する.


AI新時代におけるアジャイル開発プロジェクトマネージャーの心得

三上 幸司


変化の激しい時代に突入し,アジャイル型でプロジェクトをマネージメントする案件は徐々に増えてきている.従来型のウォーターフォール型プロジェクトマネージメントと大きく違うところは,スプリント方式のイテレーションマネージメント,リリースまでのスピードの早さ,ドキュメンテーション量の違いの3つ.前者2つの特徴については,数多くの方が論じているので,本稿ではドキュメンテーション量についてフォーカスする.


グローバルデリバリーの強化を目的としたインドにおける開発プロジェクト改善活動の体系化

吉田 香


グローバルデリバリー強化の一環として、インドの開発プロジェクトにおいて、改善コンサルティング活動を行っている。この改善コンサルティング活動を全拠点を対象に展開すべく、インドのコンサルタントと協働し、フレームワークとして体系化を行った。


映画から学ぶプロジェクトマネジメント
- プロジェクトマネジメント初学者向け学習方法の事例紹介 -

勝部 逸平


プロジェクトマネジメントを体系的に理解するためには、理論と実践をバランスよく取組ことが望ましい。しかし、現実のプロジェクトは複雑で長期化しており、初学者がプロジェクトの全容に触れることは非常に困難である。映画作品のストーリーを一つのプロジェクトと見立てた場合、映画には必ず結末があり、プロジェクトの顛末を俯瞰することが可能である。


システム監査プロジェクトにおけるアジャイル型開発手法の適用

野々山 二郎


基幹系から情報系まで複数のシステムが複雑に連携しあう事例が増える中,改めてその妥当性検証のためにE2Eレベルで業務的なシステム監査を行う事案も増えている.特に,十年以上前に構築された設計書の無いシステムとの連結においては,要件を把握すること自体が困難になるためリバースエンジニアリングを行い,本来の要件を導き出すことが必要となる.このような状況下においてその監査手法の中にアジャイル型開発を取り入れ,検証を行った事例について考察する.


プログラムマネジメントにおけるマトリクス型組織モデルのチームマネジメントについての考察

高橋 新一


多くのプロジェクトが並行開発として実施される中で,システム稼働後の不具合修正,軽微な改善であるシステム開発などのシステム保守はプログラムマネジメントとして全体的に管理することが望ましく,その実現に際し,組織モデルとしてマトリクス型組織が効果的であると考える.本論文では,多重システム開発,システム保守における組織モデルとしてマトリクス型組織を実現した構成におけるモデルの概説および,そのチームマネジメントについての考察を行う.


プロジェクトメンバーのコミュニケーション能力向上のためのディベート研修の実施

佐久間 尊宙,寺中 正洋,佐々木 智之,藤田 勝康,獅子原 学,佐藤 優


プロジェクトマネジメントにおける、コミュニケーション能力は、マネージャーはもとよりメンバー個々にも必要かつ重要なファクターであることから、その能力を高めるため、ディベートを活用した研修を実施したので、その内容・効果等の状況について報告する。研修は、2016年度から2019年度にかけて3回実施した。参加メンバーは、第1回15名、第2回20名、第3回15名で、業務経験が3年以内の若手メンバーが中心である。毎回、担当の講師からコミュニケーションに関する基礎的な講義・演習を受け、さらに模擬ディベートを実施した後、ディベートを3回実施した。参加メンバーは3チームに分かれており、各チームはディベートを2回(肯定側と否定側)、審判を1回経験した。アンケート調査の結果、ディベートの経験が、コミュニケーション力育成に有意義であるとの回答が大半を占めた。


ペーパークラフトによる学生向けのスクラム教育教材の考察

鈴木 昭弘,本郷 節之,稲垣 潤,和田 直史,川上 敬


大学のゼミや中小企業における小グループの教育において,手軽にプロジェクトマネジメントを理解し体験可能な教材は重要であると考えられるがその種類は多くない.そこで,プロジェクトマネジメントの基礎の学習の題材としてスクラムにフォーカスし,短時間かつ安価にさらに手軽に体験型教育を行うためにペーパークラフトを用いたスクラムの体験型学習教材を作成した.この教材を用いて学生を対象とした実験を実施し,その実験の結果から本教材の有効性が確認でき,さらにいくつかの改善点が明らかになった.この論文ではこの教材と実験結果について考察する.


札幌学院大学におけるプロジェクトマネジメント教育の成果について

櫻澤 智志,上田 萌香,三上 雅人,谷 樹理,新谷 紫恩


札幌学院大学のプロジェクトマネジメント入門講座は「グローバル科目群」の基礎講座と位置づけ、「海外スタディ」「グローバルインターンシップ」及び「グローバルボランティア」をチームとして取り組むためのマネジメントの手法と海外におけるリスク管理についてアクティブ・ラーニング形式で学ぶ。プロジェクトマネジメント入門講義を受講した学生からその成果を報告する。


より良いパフォーマンスが発揮できるプロジェクトチーム編成とプロジェクトマネージャーの関わり方

鬼束 郷


近年の技術革新や,お客様の要求レベルの複雑さ向上により,システム構築を実現するために,より一層の様々なスキルの融合が必要である.この背景のもと,プロジェクトマネージャーにはプロジェクトチームが期待通りのパフォーマンスを発揮できるような仕組みづくり,適切なプロジェクトマネージメントの実行が期待される.本論文では,筆者のプロジェクトデリバリー経験を踏まえ,より良いパフォーマンスが発揮できるチーム編成とは何か,プロジェクトマネージャーとしてどのようにプロジェクトに関わるべきかという観点での気づきを整理する.


エンドユーザ要求の早期収集に向けた画面設計テンプレートの提案

伊藤 汐里,田隈 広紀


今日の情報システムは「全く利用されない」機能が半数程度存在しており,その主な原因はエンドユーザへの要求定義不足にあることが指摘されている.そこで本研究では,システム要求定義における特にエンドユーザのミスマッチ低減を目的に,設計初期に詳細な仕様のヒヤリングセッションを可能にする画面設計テンプレートを提案する.これは一般的な画面レイアウト図に対し,運用時の機微をイメージするうえで必要となるデータソースや動作の要素を上流工程時に可能な範囲で適宜付加し,業務とのミスマッチ低減を図るものである.さらに本研究で提案する画面設計テンプレートにて既存システムを設計し,主に操作性の理解度と図面の可読性を従来の設計書と比較する試行実験を行った.その結果,操作性の理解度が向上することと,可読性が大きく低下しないことが確認できた.今後は特に本提案で補完しきれなかった操作要素の図式化方法を考案・付加し,さらなる改善を加えることが求められる.


プロジェクトマネメント経験年数による仕事上の経験と行動特性の関連の比較

三好 きよみ


本研究は,プロジェクトマネージャ育成に向けた新たな知見を得ることを目的として,仕事上の経験と行動特性の関連を検討した.プロジェクト従事者に対して質問紙による調査を行い,プロジェクトマネジメント経験年数による差異について、多母集団共分散構造分析によって比較した.その結果,プロジェクトマネジメント経験10年未満群の特徴として,外部との交流経験が,楽観的意識を介して,行動特性に影響を与えることが示唆された.プロジェクトマネジメント経験10年以上群の特徴として,外部との交流経験が,メンバーの育成・尊重を介して,キャリア自律へ影響を与えることが示唆された.


ウォーターフォール型開発の品質問題に対するアジャイル・プラクティスの活用

木村 友紀


ソフトウェア開発において品質は,納期や予算と同様に遵守しなければならない基準である.しかしプロジェクトメンバーにとって品質は相対的に実感しづらいため,内的・外的それぞれの要因で犠牲になり易い.その結果として顧客の受け入れ基準に品質が達することができず,コストやスケジュールのオーバーランに帰することもある.ウォーターフォール型開発においては,そうした品質問題はプロジェクトの中期~後期に発見されることが多い.そのレベルが深刻となった場合,それまでの計画は当然のことながら,プロジェクト・マネジメント・テクニックで使用される「ベースラインの変更」(計画変更)が機能せず,計画逸脱の繰り返しに陥ることがある.即ちプロジェクトが不確実性に嵌った状態であるが,本稿はこの対処としてアジャイル・プラクティスの活用を事例も交えて提案する.


多国籍チームにおけるチームビルティング

冨田 裕


国籍を超えたプロジェクトチームの編成は,より適切なスキルや経験のあるメンバーを集めることを可能とする.一方で,言語や慣習などのメンバー間の文化的な相違により,チームビルディングに対して更なる注意を払う必要も生じる.本稿では,多国籍メンバーで編成されたプロジェクトチーム運営の事例を通じて,文書および口頭での意思伝達やミーティングの運営方法など,効果的なチームビルディング方法について考察する.


アプリケーション構築の観点から見る インフラ構築のプロジェクトマネジメント

浅井 宏司


アプリケーション構築プロジェクトを10年以上経験してきた筆者が,初めてオンプレミスのインフラ構築プロジェクトを経験して,アプリケーション構築とインフラ構築で異なる点から得たプロジェクトマネジメントの気づきを一事例として報告する.近年,情報システムのインフラプラットフォームはクラウドへの移行が主流となっているため,オンプレミスのインフラ構築プロジェクトを経験するPMは減少する一方であると考えられる.筆者のように経験のないPMがオンプレミスのインフラ構築プロジェクトをマネジメントする際の一助としてまとめる.


社内向けプロジェクトマネジメント実践研修の実現

鎌田 政人,坂上 慶子,鈴木 政則,星本 明子,鈴木 柊輔


株式会社 日立ハイテクノロジーズでは,工場内の短期間で高精度な製品開発を目標に,デファクトスタンダードのプロジェクトマネジメント知識を有するマネジメント層の育成に2013年ごろから着手し,基礎レベルおよび中堅レベルと通算で約400名を育成してきた.さらなる取り組みとして,コト作りにとどまることなく,ビジネスとしてプロジェクト/プログラムがどう動いていくのかを時間的俯瞰力をもって見通せる人財ニーズに応える必要がでてきた.そこで社内財産(研究開発事例)の中から,失敗を題材にしてプロジェクト実践を検討していたが,事例の選定に苦労していた.そして,逆転の発想で既にまとめられている成功事例を使い,その中から,真の組織課題に気づかせ,製品の異なる組織の壁を壊して本音の議論をさせ,それらの課題を乗り越えられるような真の解決策(べき論ではなく)への気づきを与えるような研修を提供することを企画・立案中である.本稿では,これらの経緯と今後の期待について,整理して報告する.


文化のことなる新興国のプロジェクトマネジメント

久保 雅之,山戸 昭三,五月女 健治


「質の高いインフラ輸出」が推進され、文化の異なる新興国へのプラント輸出が増えているが、文化の異なる環境下で日本とは異なる課題に直面する。新興国工事の管理について、特に工程管理の観点から考察する。


大規模開発プロジェクトにて開発から保守へシフトする際の課題と対策

樋口 徳之


システム開発プロジェクトでは,開発フェーズが完了し本番稼働を迎えた後に保守フェーズへとシフトする際,プロジェクトの作業範囲,体制,契約,変更管理ルールなど多くの変更が発生する.システムを安定して保守運用するには,変更管理プロセス見直し等の工夫が必要となる.本論文では,大規模開発プロジェクトが開発フェーズから保守フェーズへ変わる際に乗り越えなければならない課題と対策について紹介する.


コミュニティー継続運営におけるアジャイル・アプローチの有効性

岡田 愛


本論では,アジャイル・アプローチをベースとした継続的な運営により,社内ダイバーシティー・コミュニティーの発展を実現した事例を紹介し,コミュニティー運営におけるアジャイル・アプローチおよびツールの有効性について考察する.また,社内およびプロジェクトにおいてメンバーのダイバーシティーが理解,尊重され,多様な働き方が受け入れられる風土が醸成されつつある現状についても考察する.


高難易度トラブルプロジェクトの消火活動に関する分析

吉枝 努


2018年度に4つの炎上プロジェクトに火消し役として参画した。どれも組織として大きな問題となっており、組織的な対応が行われている。それにもかかわらず問題は解消せずに炎上し続けている。4つのプロジェクトから観察された共通性を抽出し、問題継続の構図を分析した。どのプロジェクトも他のプロジェクトで普通に実施されているマネジメント事項が実施されていない。あるいはその運用が正しく行われていないことが分かる。それまでの経緯からマネジメント事項の優先順位が下げられていることによる。


海外プロジェクトのコミュニケーションギャップを効率的に克服する進捗管理・報告スキームの提言

舟木 将


申請者は海外でのトラブルプロジェクトをリカバリーした経験を持つ.海外プロジェクトは文化や言語が異なることや,作業が複数拠点にまたがることによりコミュニケーションギャップが発生しがちであるが,現場で問題が発生するとこれらが主原因となり進捗と遅延原因を正しく把握することがPMにとっては難しくなる.またマルチベンダーともなるとステークホルダーも複雑になり,問題の責任領域を都度切り分けて自チームの進捗評価・報告をすることは容易ではない.このようなコミュニケーションギャップがある環境において事態を打開し効率的かつ厳格なプロジェクト品質を実現した申請者の事例を通して,進捗把握に必要な各KPIを日次にて評価し明示するテスト進捗ダッシュボードの運用を提言する.


トラブルプロジェクトにおける,経営層の承認を目指した真因分析の手法

田原 慎也


近年,大型で複雑なシステム開発プロジェクトが多く進められている.そのような難易度の高いプロジェクトが,所謂ト ラブルプロジェクトに陥るケースが稀に見受けられる.トラブルプロジェクトに陥った場合,プロジェクトチームによる リカバリプランの策定だけでなく,そのような状況に陥った真因を分析して,その結果を経営層へ説明し承認を得る必要 が生じる.経営層に向けた説明の準備は,分析や資料作成に多大な時間を要し,幾度となくレビューを繰り返すケースが 多い.本稿では,経営層から承認を得ることに焦点を当てた真因分析を実施する手法を提案する.


オフショア開発における設計及び開発時の品質改善の取り組み

金山 尚史


コスト削減やリソースの有効活用を目的に多くのアプリケーション開発プロジェクトでは,オフショア開発が採用されている.また、アプリケーション開発プロジェクトにおいて成果物の品質を高い水準で維持することはプロジェクト管理において非常に重要である.しかし,オフショア要員の仕様理解の不足,オフショア要員とオンサイト要員の品質への意識の違いが原因で品質の低下を招き,いくつかのプロジェクトではプロジェクト管理上も問題となる状況が発生している.本稿では,この課題を解決する取り組みの紹介,また,他の手法との比較および考察を行う.


先行研究の整理による成功基準としてのベネフィットの構造理解
- 顧客中心型PPPMの定式化に関する研究 -

関口 明彦,関 哲朗,木野 泰伸


Ika(2009)は,2004年までに発行されたProject Management JournalとInternational Journal of Project Managementの研究論文の整理によって,プロジェクトの成功定義が従来のQCDSから拡張されつつあることを示している.この中で,Ikaは将来においてPPPMの枠組みの中でプロジェクトの成功が議論されることを示唆した.今日のプロジェクト社会の進展は,組織戦略の実現を基準にしたプロジェクトの成功を求める中で,従来のQCDSよりも広範な構成要素によるベネフィットの達成を,その成功基準として捉えるように変化している.このような傾向は,ISO21500ファミリやPMBOK Guide,ICB4.0などにもみられるが,ベネフィットの具体的な理解については定式化されたものがみられない.本研究では,Ikaのアプローチを参考に,先行研究におけるプロジェクトの成功要因の拡張やベネフィットに関する記述を調査,検証し,PPPマネジメントにおけるベネフィットの構造を与えた.


定型業務の生産性・品質を向上させる管理方法に関する考察

芦原 壮一


プロジェクトとは有期性と創造性をもつものではあるが,そのタスクの中には単純な定常作業が,その重要度の高低を問わず一定の比率で存在する.プロジェクトの規模が大きくなればなるほど,定常作業に要する作業量は増加するため,その生産性や作業品質を高めることは大きな意味をもつが,多くの場合においてそれらは属人性の低さや課題の少なさから軽視されやすい.本稿では,重要度が高く作業量の多い定常作業が発生し,生産性・品質向上を目指した施策を導入したプロジェクト事例に基づき,効果的な管理方法を考察する.


PMナレッジコミュニティの立上げ
- プロジェクトマネジメント知識の伝播 -

山本 昭典,小田倉 豊,梅村 豊彦,森本 俊一


全社の不採算プロジェクトを減らすためには,プロジェクトマネージャ(PM)の育成が必要不可欠である.会社合併に伴い,事業規模が拡大し,プロジェクトも大粒化の傾向があった.経験の浅いPMがプロジェクトの大粒化に対応しきれず,大口不採算を発生させることが無いよう,有識者が持つプロジェクトマネジメントの知識や経験則を伝播していく必要があった.その知識や経験則を伝播する場として,PMナレッジコミュニティを立ち上げた.本稿では,PMナレッジコミュニティの立上げ,3年間の活動実績,および今後の課題と対応について延べる.


新事業創生におけるリスクマネジメント支援技術の提案

太田原 千秋,内田 吉宜,新家 隆秀,鎌田 裕司,大野 美佳


経済のグローバル化や少子高齢化などによる経済の停滞化を打破し経済活性化を図ることを目的に内閣府では新規事業創出とその成長を支援する取組みを実施している.このような背景から,中小企業のみならず大学や大企業でも新規事業創生が活性化している.日立でも新規事業の創出に着手しているが,先行投資型や多くのステークホルダーとの連携,フックと回収エンジンなど大きな事業構想を描く必要があるなど,難易度が高くかつ不確実性が高い.さらに,知見が少ないため,リスクを見落とし事業推進がうまく行かない可能性がある.本発表では,事業創生プロジェクトの成功率向上を目的にリスクマネジメントプロセスにおける支援技術として,リスクの抽出支援およびリスクへの対策立案のための知見の蓄積方法について報告する.


地域コミュニティ活性化に向けた青年の主体的参加を促す ネットワーク基盤の設計及び運営方法の提案

石川 直樹,下田 篤,田隈 広紀


地域コミュニティが崩壊しつつあり,行政と市民の意思疎通が図りにくくなっている.特に青年期以降の人材がこれまで生涯学習の場として機能していた地域コミュニティに参画する機会が減少し,世代間・地域間格差進行の一因となっている.本研究では,まず地域コミュニティ活性化を目的に,青年期を迎えた人々が参加しやすい機動的かつ分散的なコミュニティ基盤の実装機能と運営方法を提案する.さらに,これらを基に地域活性化の催事企画案を検討する試行実験を行った結果,参加意欲と作業環境の整備状況との間に強い正の相関関係が認められた.よって本基盤の目的と操作方法を解説する動画を制作し,これを参加者が事前に視聴した環境で同様の実験を行った.この結果,参加者の意欲が総じて前回実験時より向上することが確認できた.


DX対応型プロジェクトの監査に関する一考察
- アジャイル開発プロジェクトの品質監査はどうあるべきか -

廣瀬 守克


近年,新たなデジタル技術を活用した既成概念にとらわれない新規事業が次々に生まれている.これらの新規事業を支える情報システムは,従来の受託型SIプロジェクトとは異なり,スコープ(=要求仕様)が不明確である.言い換えると「予測不可能な世界」といえる.新事業創造の現場では,新規顧客の開発やビジネスモデルの開発,経営資源の組み換えが発生する.したがって,「要求」自体を探索し帰納的に開発できる方法論として,アジャイル開発が注目されてきている.このような状況の中,アジャイル開発プロジェクトのプロセス品質や成果物品質をどのように評価するのか.あるいは,アジャイル開発プロジェクトのシステム監査をどのように行うのかは,経営者の関心事のひとつであると言ってよい.しかし,多くの企業では,アジャイル開発向けのシステム監査基準や品質マネジメントシステムの構築と運用には未着手である.本論文では,上述の課題を解決するために,どのような監査基準が必要か,どのような監査手法が効果的かを考察する.


プロジェクトに推進力を生み出すリーダーシップの重要性と状況に応じたリーダーシップスタイルを活用したプロジェクトマネジメント事例

七田 和典


近年,ビジネスにITが不可欠なものとなり,企業は多種多様なシステムをビジネスに活用しており,またデジタルトランスフォーメーションの動きも加速している。そのような状況からシステム開発プロジェクトの複雑性は年々増加し,難易度が高く困難な課題やリスクを抱えたプロジェクトが多く発生している.本稿では上記のような難易度が高く,複雑化したプロジェクトを推進するために不可欠となるリーダーシップの重要性と,状況に応じたリーダーシップスタイルを活用したプロジェクトマネジメント事例について報告する.


PMBOKを用いたソフトウェア開発PBLにおけるインスペクション技法を用いた効果に関する研究

榎戸 啓人,今野 祐紀,小笠原 秀人


PMBOKを用いたソフトウェア開発PBL(Project Based Learning)の特徴は,プロジェクトをマネジメントするための一般的な知識を用いてプロジェクト進めることである.しかし経験が浅い初学者がPBLを実施する際に成果物(ドキュメントやソースコード)の欠陥による手戻りが発生する問題がある.考えられる原因は2つである.1つ目は,人の目による検査により成果物の欠陥を見逃すことである.2つ目は,何が問題であるかわからない知識不足であることである.これらの問題を解決するために,インスペクション技法を使うことで成果物の品質を保ちたいと考えた.そこで提案するのは,初学者でも成果物の品質を保つためにインスペクションを使いこなせる導入手順である.本稿では,PMBOKを用いたソフトウェア開発PBLにおけるインスペクション技法を用いた効果を研究し,初学者でもインスペクション技法を使いこなせる導入手順を検討する.


フリーランスのイラストレータの仕事に対する パーソナルプロジェクトマネジメント適用の提案

加藤 諒介,下村 道夫


近年,ゲームアプリケーションやウェブサイトの増加に伴い,イラストレータの社会的需要が高まってきている.インターネットの普及によって台頭したクラウドソーシングで仕事を得るフリーランスのイラストレータも増えている.イラストを作成する仕事は有期性,独自性を兼ね備えており,プロジェクトとみなすことができるため, プロジェクトマネジメント手法を用いることで成功確率を高めることができる.なお,フリーランスは一人で活動することが一般的であるため,パーソナルプロジェクトマネジメント(PPM)となる.本稿では,フリーランスのイラストレータがクラウドソーシングを用いて仕事を行うことに対するPPM内容を提案する.具体的には,仕事の募集,受注,設計,作成,納品までの各工程におけるPPM内容について述べる.


メディエータとフリーランスの開発モデル

阿部 敬一郎,中谷 多哉子


デジタルフォーメーション(DX)が進められる現在,日本においてはレガシーシステムの追加開発が珍しくない.中小企業では新システムの導入より安直な,旧システムを脱しないからである.時代の流れと逆行していることに加え,マイナー言語を旧システムが使用している場合,対応できるエンジニアの数は極端に少なくなる.近年は副業で開発を請け負うフリーランスのエンジニアがWeb上に増えてきており,彼らの自己申告によると珍しい言語スキルをもっている.本稿ではインターネットを介して,遠方にいるフリーランスとクライアントが仲介者を経て,開発プロジェクトを行った事例を用いる.その結果,開発管理の問題点と解決策を提案する.本稿で紹介する事例は要求者と開発者の対面はあったが,仲介者がそのどちらにも対面することはなかった.本稿では遠隔ゆえの課題,通常のプロジェクト管理の方法が適用できない理由,その解決策と成果を整理し,知見を再利用しやすい形式でまとめた.


大学の国際交流活動に活用するプロジェクトマネジメント

荒井 祐人


グローバル化が進み,日本国内と外国間における繋がりが注目されている中,「国際交流」というキーワードを耳にする機会が増加している.世代,場所問わず,言語や文化を通し互いに共有し合うことが可能な環境が基盤となっている.理由の1つとして,SNSを通じたオンライン上でのコミュニケーションが挙げられる.エアメールや国際電話を利用せずとも,SNS上で容易に行うことが可能な点に人々は楽しさを覚え,瞬く間に繋がりを広げていく.特に,若年層の間における利用が印象的であることから,本稿では「大学内」を前提に日本人学生と留学生がいかに繋がりを築き,「交流活動」として互いに言語や文化を共有していくためのプロセス及びリスクについて紹介していく.


PMOモニタリング活動へのAI活用に関する一考察

高田 淳司


近年,第三次AIブームと呼ばれるように,コンピュータの高性能化,クラウドでの大量のデータ管理が容易となったことで,「機械学習」や「ディープラーニング」によりコンピュータが自らが学ぶことが可能となってきている.それに伴い,PMO活動においても,大量のプロジェクト管理データを用いたプロジェクトの状況判断やプロジェクトリスクの予兆検知の活用が報告されてきている.その一方で,AIを活用するための十分なプロジェクトデータの収集と蓄積やAI分析結果の精度や根拠には少なからず課題があると思われる.本論文では,PMO活動の高度化を実現を目的として,AIを活用したプロジェクトモニタリング活動を推進した経験から,プロジェクトデータの活用,AIのモデル化,分析結果の現場展開について,その課題と実践方法についての取組みを紹介する.


認知バイアスの影響によるリスクを低減する方法の知見収集結果からの提案
- ~プロジェクトマネジメント意思決定に関する行動経済学アプローチ~ -

西條 幸治


近年,ソフトウェアに関するプロジェクトに関して,「プロジェクトマネジメント義務」を根拠とした裁判の事例が散見される.この中には「中止提言義務」に言及したものもある.これらへの対応は,現場のプロジェクトマネージャとしては困難なものもあり,組織的なプロジェクトマネジメントの領域と考える必要がある.このようなプロジェクトマネジメント意思決定について,PM学会関西支部ソフトウェアプロジェクト研究会では認知バイアスの影響の研究を進めている.この進行中の研究は,ソフトウェアプロジェクトにおける意思決定に与える認知バイアスの影響を低減することを目的とする.本論文では,認知バイアスの3つ,サンクコスト,ハロー効果,オーバーコンフィデンスと,認知バイアス全般を扱い,プロジェクトマネジメントに関与するITSSレベル5・6の人に実施した,アンケートやヒアリングの結果をもとに得られた知見を説明し,他の認知バイアスの活用を論じる.結論として,認知バイアスの影響低減のためには,プロジェクトマネージャ自身と周囲の人とへの教育等による周知と,会議以外の場で第三者の知見を求めることとが,重要な取組みであることを提言する.最後に,周知の方法として,必要時にデバイアスを有効に発動させるためのユーモアバイアス等の活用を挙げる.実証検証などを次の研究の課題とする.


Edutainmentによるプロジェクトマネジメントの実践知獲得手法の高度化提案

内田 吉宣,甲斐 賢,三原 克史,下田 潔,新野 毅,荒添 雅俊,岡田 久子


優秀なプロジェクトマネジャーを育成するためには,プロジェクトで起こり得る事象に対して迅速かつ的確に意思決定を行うための感性(実践知)を磨く必要がある.このような実践知を習得するために,我々はプロマネ訓練ボードゲームを開発した.ボードゲームを用いることで,チームで仮想プロジェクトを模擬的に推進する中で,過去の経験知や他者の知見についての知識移転を実現している.我々はボードゲームを用いた実践知の効率的な獲得手法について取り組んでいる.本稿では,ボードゲームの評価とともに,さらなる効率化のアプローチとして「プレー時の知的生産性の向上」「プレー時の臨場感向上」「振り返り時の議論活性化」について述べる。


プロジェクト管理ツールによるプロジェクトの 円滑な推進への取り組み
- リソース管理システムの運用と有効性の検証 -

吉村 義弘,池田 治彦,椎名 利成,原田 正彦,小林 一彦,村山 昌克,篠崎 博幸


株式会社日立産業制御ソリューションズでは,プロジェクト混乱防止を目的として,プロジェクト管理システムを構築し2016年度より運用している.本システムは,プロジェクト最上流の受注活動段階から,納入後の顧客運用状況の調査,フィードバックまでのライフサイクル全般を管理対象としている.現状初期運用時のシステム構成を拡張し,プロジェクトの開発段階におけるプロジェクトの混乱防止を行い,成功に導くためのリソース管理システムを運用している.本報告は,弊社で運用しているシステムをリソース管理方式および運用の面から,プロジェクト成功・失敗の観点で,その有効性を検証・考察する.


品質評価方法のIoTシステムへの適用評価
- ITシステムとIoTシステムの品質データの傾向の違いについて -

藤原 良一,大場 みち子


インターネットに様々な機器や情報システムが接続され,ミッションクリティカルの範囲が広がってきた。例えば,メールの停止やクラウドシステムのダウンにより,交通機関のチケット予約や変更ができない,発注業務ができずB to Bでの業務停止などが発生している。今後はインターネットに接続されたIoTシステムが情報社会のインフラとなり,高品質の情報機器や情報システム及びそれらを組合せたシステムの品質確保が必要となってきている.本稿では,従来のITシステムの品質評価方法をIoTシステムに適用し,ITシステムとIoTシステムの品質傾向の差異を評価する.


システム開発を成功に導く、顧客との合意形成の要点
- プロジェクト事例を踏まえて -

滝口 智司,堀 賢志


システム開発を成功させるには、顧客とSIベンダーの双方が各々の役割を理解し、義務を果たしながら協力して作業を進めることが重要である。顧客との合意形成に失敗したいくつかのプロジェクト事例の振り返りと反省も踏まえ、プロジェクトマネージャが何を管理し、顧客と合意形成し、説明責任を果たすべきかを整理した。社内の初級プロジェクトマネージャ向け教育の一環で、開発の技術面や内部管理だけでなく、顧客との関係性に気を配ることの重要性を説くことを目的とした講義の内容を紹介する。


テスト自動化ツールの実践を基にしたAIによるテスト自動化の考察

清水 祐作,今野 裕紀,小笠原 秀人


ソフトウェアテストは,ソフトウェアの品質を確保する上で欠かせない.しかし,開発現場において,テストが重荷になっていることは事実である.その理由として,テストを手動で行っていることが挙げられる.テストの作業は,大きくテスト設計とテスト実施に分けられ,どちらも手動で行うと,多くの時間とコストがかかってしまう.また,ほとんどの開発現場はテストに十分なコストと時間を確保できないのが現状である.その問題を解決する為に,テスト自動化ツールRanorexをソフトウェア開発PBL(Project Based Learning)に導入し,システムテストの自動化を実践した.この実践結果に基づいて,テスト自動化の効果と効率をより高めるために,AI(Artificial Intelligence)を用いたテスト自動化についての検討を行う.本稿では,ソフトウェア開発におけるテスト自動化ツールの実践結果に基づいて,AIを活用したテスト自動化の可能性について考察する.


第三者によるプロジェクトに対する実践的なプロモート活動の取り組み

丸岡 智治


製造生産・提供型からインテグレーション型の事業への変革を進める中,製品は開発要素が多くリスクが高い傾向にあり,予期しない課題が発生する可能性も高い.これまで事業部PMOは,プロジェクト・マネジメントの定着化やプロジェクトに対するガバナンス・プロセスの標準化を進めてきた.しかしステークホルダー・マネジメントは,ルールの徹底やガバナンス・プロセスの強化だけでは効果に結びつかない.特にステークホルダーとの関係の質の向上はガイドラインでは解決しない.有識者である第三者がスムーズにプロジェクトを支援できるプロセスを作成し,プロモート活動を通してステークホルダーとのエンゲージメントを高めることを支援する取り組みを開始した.


CMMI2.0のメソッドを用いた大規模プロジェクトの品質管理について

蘇 長波


GICはIBMのGlobalリモート開発センター総称であり,今年にCMMIの新バージョンであるV2のレベル5再認証に合格しました.CMMIとプロジェクト管理は,管理の成熟度検証において共通していると考えます.変更管理やスコープ管理,リスク・課題管理などの共通領域がありますが,継続改善という観点でCAR(Cause Analysis and Resolution)というメソッドがあり品質の向上に有効です.特に大規模プロジェクトおいて,品質のばらつきは付き物です.いかにばらつきを発見し、分析・原因の深掘りをすること,有効かつコストパフォーマスのよい対策を考案すること,が重要となります.CARはこのような場面では非常に良いツールです.CMMIは継続的なモニターと関係者への横展開を成熟度の指標として利用可能であり,この点にも長期間・大規模プロジェクトに通用します.具体的な事例を持って,適用時の経験・教訓を報告します.


IT系プロジェクトマネージャの役割-キャリア研究の視座から

一栁 晶子


本稿では,プロジェクトを成功に導く重要な役割を担うプロジェクトマネージャ(PM)を対象とした『キャリア』に関する研究の動向や課題について論究する.1990年代をピークとして日本国内の企業では専門職制度の導入,資格取得の推進,PM育成の議論が活発化,PMの役割は明確化され,キャリアパスも確立しているかに見える.しかし,産業構造の変革やプロジェクトの多様性はPMの役割,期待値を変化させている.PMを雇用する企業組織はこの変化にどのように追随しているのだろうか.主要な国際ジャーナルを中心に行った文献調査の結果,PMの『キャリア』研究における主要なテーマは「組織ゴールとPMのプロフェッショナリズムの均衡関係」,「PM以外のキャリアとの間での葛藤」,「組織内の公正,かつ,透明性のある昇進方針の必要性」などに関するものであった.一方,日本国内のPMに関する文献調査の結果,『キャリア』研究領域との融合はほとんど見られない.日本国内のIT系PMの企業や社会における役割を『キャリア』研究の視座から概観するとともに,今後の研究上の課題を提起する.


レジリエンスエンジニアリングと行動分析学的観点導入による個人レベル開発プロセストレーニングコースの改善の試み

日下部 茂


開発を伴うプロジェクトのマネジメントには開発プロセスが重要な役割を果たす.プロセスに関してこれまでに多数の取り組みがなされ,複数のモデルやテンプレートといったものも提案されている.しかしながらそのようなモデルやテンプレートを実際に効果的に活用することは必ずしも容易ではなく,うまくいく場合もあればそうでない場合もある.このように成功したりそうでなかったりする問題の改善のため,レジリエンスエンジニアリングのモデル化を行い、行動分析学的な観点を導入することについて論じる.具体的には個人レベルの開発プロセスPSPの大学でのトレーニングコース実施を対象に,レジリエンスエンジニアリングの特に機能共鳴分析法FRAMによるモデル化を行い,そのモデル上で行動分析学的な観点を用いて改善を検討した事例について論じる.


プロジェクトの重要事項監視方式の定着化

鈴木 誠,角田 文広


多数のプロジェクトを同時に管理しているSIerのような組織には,成功裏にプロジェクトを完了するための標準的なプロジェクト管理方式がある.さらにこの技術を必要なプロジェクトに正しく適用している.本稿では,客観的にプロジェクト管理するために開発した技法を組織的に導入するため適用した方式を報告する.あわせて導入した方式の概要を紹介する.


曖昧な調達要件におけるリスクコントロールの実践

鎌田 義浩


地方自治体をはじめとする公共系のシステム調達案件では、要件定義・基本設計から構築までの一括請負契約が多く、またRFPに明記されていない暗黙知の要件が多く含まれることがある。その結果、プロジェクト開始後にプロジェクトスコープに認識齟齬が生じ、開発規模増加によるコスト悪化や納期遅延を引き起こすことがある。私が担当したプロジェクトも開発規模が増加する恐れのあるRFPであったが、いかにプロジェクトのコントロールを行い成功に導いたかについて、プロジェクトマネジメントの実践事例として整理し報告する。


アジャイル型開発におけるマイクロサービスアーキテクチャの利点およびツール活用事例

脇山 孝貴


近年,クラウド技術の発展やスマートフォンアプリ,IoTへの期待などを背景としてサービス開発を求める声が高まっている.このようなサービス開発の多くは要求仕様がはっきりと決まっていないケースが多いため,プロジェクト開発手法としてウォーターフォール型開発をとることは困難であり,顧客もそれを望まない.代替としてアジャイル型開発による管理を実施するケースが多くなる.本稿では,サービス開発のプロジェクトを進めるうえで変化に素早く対応できるように取り入れたマイクロサービスアーキテクチャ,およびその際のタスクの管理やコミュニケーションを向上させるために用いたツールについて自身の経験を踏まえて紹介する.


若手社員視点による担当プロジェクトの課題と対策

野中 晃,横山 敦弘


プロジェクトマネジメントに関する体系的な知識の有無に関わらず,プロジェクトにアサインされた直後から様々な要因でマネジメントを行う必要がある機会は存在する.大規模プロジェクトでも細分化された小さな組織単位になると,若手社員が例えばスケジュールのような一部のマネジメントを任されるケースがある.しかし,プロジェクト経験が乏しい若手社員にとっては,たとえ知識を習得していても活用方法が分からず,課題に直面した際に有効な打開策を見出すことは困難である.本稿では,多くのベンダーが参画する大規模システム更改案件にアサインされた若手社員が,実際のプロジェクトにおいて体験したマネジメントでの課題や課題解決に向けた対策を具体的な事例を交えて紹介する.


グローバルプロジェクトにおけるマネジメント事例の紹介
- 既知のリスクと未知のリスクの実例とその対処方法 -

佐久間 渉,横山 敦弘


日本の企業が計画するグローバルプロジェクトにおいては,現地との意識の差,スキル,コミュニケーション,プロジェクト完了後のフォロー体制の構築等,計画段階で考慮するべき点が多く存在する.また、計画段階では特定が困難なグローバル特有のリスクも発生する可能性が高い.本稿では,メキシコのプライベートクラウド基盤の構築プロジェクトにおける、既知のリスク計画の内容,およびプロジェクト遂行中に発生した未知のリスクの紹介と対処方法について事例を用いて紹介する.


ビジネスモデル変革に向けた意識改革への取り組み
- 経営幹部と若手社員のベクトルを合わせるために -

岡田 麻衣子,増尾 謙一


技術が急速に変貌を遂げる中,当社では既存のSI型事業中心のビジネスモデルから価値提供型事業への転換が急務となっている.北海道支社でもこの事業構造の変革に取り組んでいるが,我々が価値提供型のビジネスへシフトするためにはクラウドサービスや人工知能(AI)分野を専門とする技術者の存在が必要であり,先陣を切りこの分野へ転換することをめざしている.当社の将来を担う若手社員がこうした状況を正しく理解すること,組織のめざす方向に共鳴すること及び自ら進んで挑戦していくことが今後のビジネス成長の鍵を握る.当支社では,経営幹部自らがスタッフとともに一つのプロジェクトとして若手社員の意識改革に取り組んできた.本稿では,その活動とそれに触発されて起きた支社内のムーブメントを紹介する.


テスト2
- システムの確認用として登録 -

テスト 花子


本内容はシステム上でどのような動きをするかを確認するために追加しています.論文数にカウントしないでください.


論文投稿システムの動作確認のための操作

小笠原 秀人


論文投稿システムの動作確認のための操作


a
- c -

関 哲朗


a


Test
- テスト -

竹本 幸平


Test